1. まとめトップ

道端でよく見かける、花や葉っぱがかわいい秋の雑草図鑑 #散歩

雑草が好きでよく写真を取るので、名前などを覚えようと思って調べてみました。散歩中によく見かけると思うものについてまとめています(関西)随時追加予定。

更新日: 2012年10月18日

39 お気に入り 103509 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

fkd05さん

ススキ

高さは1から2m。地下には短いがしっかりした地下茎がある。そこから多数の花茎を立てる。葉は細長く、根出葉と稈からの葉が多数つく。また、堅く、縁は鋭い鉤状になっているため、皮膚が傷つくことがある。

夏から秋にかけて茎の先端に長さ20から30cm程度の十数本に分かれた花穂をつける。花穂は赤っぽい色をしているが、種子(正しくは穎果・えいか)には白い毛が生えて、穂全体が白っぽくなる。種子は風によって飛ぶことができる。

花期:8月~10月
草丈:1.5m前後
生育地:野山の草地など

メヒシバ

メヒシバ(雌日芝、学名:Digitaria ciliaris)は、イネ科メヒシバ属の植物である。身近にごく普通に見られるイネ科の雑草である。細い茎で地表を這い、立ち上がった花茎の先に、数本の細い穂を放射状に伸ばす。

ヨメナ

道端で見かける雑草に類する植物で、秋に薄紫か白い菊の花をつける。
ただし、よく似た姿のキク類は他にもいくつかあり、一般にはそれらをまとめてヨメナと呼んでいることが多い。いわゆる野菊に類するものである。

ミゾソバ

水辺などで 30〜100cm ほどに生長し、根元で枝分かれして勢力を拡げ群生する。匍匐茎に閉鎖花をつけ種子を稔らせる場合もあるとされる[1]。また茎には下向きに刺があり、他の植物等に絡みついて伸びることがある。

葉は互生し、形が牛の額にも見えることからウシノヒタイ(牛の額)と呼ばれることもある。

花期は晩夏から秋にかけてで、茎の先端で枝分かれした先に、直径 4〜 7mm ほどで、根元が白く先端が薄紅色の多数の花を咲かせる。 なお、他のタデ科植物と同様に花弁に見えるものは萼である。

花期:7~10月
草丈:70cm前後
生育地:水田、水辺などの湿地

ミズヒキ

多年草で、高さ30~80cm。茎の節部は膨らむ。
葉は互生、広楕円形で、長さ6~15cm、先端は尖る。
また、時季によっては葉に「八」の字の模様が入る事が特徴。托葉が有り、鞘状。葉や茎全体に粗毛がある。
花期は8~11月頃。花は総状花序で、茎頂や葉腋から長さ20~40cmになる花穂を出し、それに小花がまばらに咲く。小花の色は上半分は赤色、下半分は白色である。和名はこの紅白に見える花序が「水引」に似ていることに由来する。

花期:8~10月
草丈:60cm前後
生育地:藪、林のふち、草地

イヌタデ

茎の基部は横に這い、多く枝分かれして小さな集団を作る。茎の先はやや立ち、高さは20-50cm。葉は楕円形。秋に茎の先端から穂を出し、花を密につける。花よりも、その後に見られる真っ赤な果実が目立つ。果実そのものは黒っぽい色であるが、その外側に赤い萼をかぶっているので、このように見えるものである。

赤い小さな果実を赤飯に見立て、アカマンマとも呼ばれる。雑草ではあるが、非常に美しく、画材などとして使われることもある。名前はヤナギタデに対し、葉に辛味がなくて役に立たないために「イヌタデ」と名付けられた。

花期:6~11月
草丈:30cm前後
生育地:道端、草地、空き地
花の色:赤紫

アカマンマ(赤飯)、アカノマンマ(赤の飯)

ツユクサ

日本全土、アジア全域、アメリカ東北部など世界中に広く分布する、畑の隅や道端で見かけることの多い雑草である。
高さは15~50cmで直立することはなく、茎は地面を這う。
6~9月にかけて1.5~2cmほどの青い花をつける。花弁は3枚あり、上部の2枚は特徴的で青く大きいが、下部の1枚は白くて小さく目立たない[1]。雌しべが1本、雄しべが6本で成り立っている。アサガオなどと同様、早朝に咲いた花は午後にはしぼんでしまう。

キツネノマゴ

茎は根元がやや横に這い、分枝してやや立ち上がる。高さは10-40cm程度、茎は下向きの短い毛が生えている。 茎には節があり、節ごとに葉を対生する。葉は長さが2-4cm短い柄があって卵形で柔らかく、先端は少しとがる。両面に毛が生えている。

花は8-10月ころ。茎の先端から穂状花序を出す。花序には花が密につき、それぞれの花は基部に苞があるので、外見ではその苞が並んだ棒状の姿に見える。萼は深く5裂。花はいわゆる唇花型で、上唇は小さく三角形で、先端は2裂、下唇は丸く広がって反り、先端は3裂、全体は白だが、下唇が広く赤紫なので、赤紫の花との印象が強い。

名前の由来はよく分かっていない。花序が花の咲いたあとに伸びるのがキツネの尾のようだとか、花の形がキツネの顔を思わせるからなどの説も見かけるが、根拠に乏しい。腰痛、風邪ひきに薬効があるともいうが、あまり用いられない。よく見れば可憐な花をつけるが、小さくありふれていることから注目度は低い。

花期:8~10月
草丈:30cm前後
生育地:道端、草地、林の下
花の色:ピンク

カラスノゴマ

シナノキ科の一年草。山野に自生する。高さ約60センチメートル。
全体が毛で被われ、葉は卵形。秋、葉腋に黄色の五弁花を下向きにつける。
蒴果(さくか)は角状で、多数の種子を含む。

花期:8~9月
草丈:50cm前後
生育地:道端、草地
花の色:黄色

アメリカセンダングサ

アメリカセンダングサ(学名: Bidens frondosa)は、キク科センダングサ属の1年草。道端や空き地などに生える雑草。セイタカタウコギともいう。

1 2