1997年ごろ
・角田美代子の兄の交際相手の女性で、後に分譲マンションの連帯保証人になり、遺体で発見される安藤みつゑさん(71、当時55歳前後)を「お手伝い」と呼び、角田美代子の指示に従わせ家事をさせていた。

出典尼崎・角田被告関係者が他県3遺体の身元証言  : ニュース : 関西発 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

>角田被告が「お手伝い」と呼ぶ女性がいた。これが、同市内の民家で見つかった3遺体の1人の可能性がある、角田被告の兄の交際相手の女性(71)。角田被告は食事など家事全てをやらせ、手間取ると「グズ」としかりつけたが、女性は抵抗もせず、無言で指示に従っていたという。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【尼崎連続殺人の流れがよく分からない人へ】角田美代子被告の犯罪年表 時系列順まとめ【完全ソース付き】

記事中の人物の注釈がついていない年齢は2012年現在の年齢。すでに死亡、行方不明になっている場合も注釈がついてない限り、2012年現在まで生きていると仮定しての年齢表記。

このまとめを見る