戦争が終わってちょうど十年目、
いまだ空襲の跡が残る大阪の下町に生まれた作田又三。
高度経済成長、六十年安保闘争、東京オリンピック、大阪万博、
よど号ハイジャック事件、日本列島改造論、石油ショックーー激動の昭和の時代、
生まれながらの野生児、作田又三は、人生という荒波を渡っていく。
いざ、海図なき嵐の海へ。さあ、錨を上げよ!

出典百田尚樹「錨を上げよ 上下」 - 社会不安障害:SAD、ボランティアとセカンドライフ

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

私が読んだ本のまとめ:乱読のすすめ

わたしが読んだ本をまとめます。自分の記録用ですが、気に入ったら読んでみて見てください。活字に触れると刺激が湧きますね。仕事終わりや休日に読んでいるので更新遅いですが、気長に追加します。

このまとめを見る