1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

キング堂さん

「ロード・オブ・ザ・リング」の前章となるJ・R・R・トールキン著「ホビットの冒険」を映画化した3部作の第1部。「ロード・オブ・ザ・リング」より60年前の中つ国(ミドル・アース)を舞台に、指輪の前所有者であるホビット族のビルボ・バギンズが繰り広げる冒険を描く。ドラゴンに支配されたエレボールのドワーフ王国の再建をかけ、旅へ出ることになったビルボは、戦士トーリン・オーケンシールドら13人のドワーフとともに、ゴブリン、オーク、巨大なクモなど危険が待ち受ける荒野を進む。やがて旅の途中でゴラムと出会ったビルボは、中つ国の運命と深く結びついた指輪を手に入れ……。若きビルボを演じるのは、英国の新鋭マーティン・フリーマン。ガンダルフ役のイアン・マッケラン、ゴラム役のアンディ・サーキスら「ロード・オブ・ザ・リング」でもおなじみのキャストが再登場。監督も「ロード・オブ・ザ・リング」3部作のピーター・ジャクソンが務める。

「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」「アリス・イン・ワンダーランド」のティム・バートン監督が、1984年に製作した同名の短編ストップモーションアニメを、新たに3D長編化。科学オタクの少年ビクターが、不幸な事故で命を落としてしまった愛犬のスパーキーを、科学の力でよみがえらせてしまったことから起こる騒動を描く。

「ハリー・ポッター」シリーズのダニエル・ラドクリフが主演するゴシックホラー。19世紀末のロンドン。愛妻を亡くし、失意のどん底にいた若き弁護士アーサーは、事務所の所長に命じられた仕事のため、ひとり息子をロンドンに残し、とある田舎町に赴く。その町で最近他界した老夫人の遺言状を見つけ出さなければならないアーサーは、老夫人が住んでいた館に足を運ぶ。しかし、沼地に建つ館には異様な雰囲気が漂い、謎めいた黒衣の女がたびたび出没。やがて館の忌まわしい過去と、町の子どもたちが相次いで変死している事実を探り当てたアーサーは、恐るべき呪いの連鎖に巻き込まれていく。

出典http://eiga.com/movie/57806/

ヴィクトル・ユゴー原作の感動ミュージカルを、『英国王のスピーチ』でアカデミー賞監督賞を受賞したトム・フーパーが映画化した新作『レ・ミゼラブル』が、12月28日(金)に日本公開されることが決定した。

舞台初演を手がけた世界的演劇プロデューサー、キャメロン・マッキントッシュが製作。ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ、ヘレナ・ボナム=カーターといった超豪華キャストが出演している。

出典http://gqjapan.jp/2012/06/25/les-miserables/

口の悪さが絶妙(?)なクマの縫いぐるみのテッドと、幼いころからテッドの持ち主でいつまでも大人になれないジョンが巻き起こすコメディーはちょっとしたラブコメでもあり、アメリカで大ヒット中の大人向けテレビアニメ「ファミリー・ガイ」のセス・マクファーレンが初の劇場用長編映画監督と主演(テッドの声)を務めたもの。出演はマーク・ウォールバーグとミラ・クニスで、辛口ジョークの好きな人にはたまらない会話の連発でアメリカの映画館で爆笑の渦を巻き起こしている。

F・スコット・フィッツジェラルドの名作「華麗なるギャツビー」を、『ロミオ&ジュリエット』『ムーラン・ルージュ』のバズ・ラーマン監督が、独自の解釈と映像美で映画化!  毎夜豪華なパーティーを開いている、謎めいた大富豪ジェイ・ギャッツビーをレオナルド・ディカプリオが演じ、トビー・マグワイア、キャリー・マリガンなど豪華キャストの顔ぶれも話題。 2013年春、3D/2D全国ロードショー

出典http://special.movies.yahoo.co.jp/detail/20120620092316/

「アリス・イン・ワンダーランド」や「ナルニア国物語」シリーズなどの至高のファンタジー・ムービーを世に送り続けてきたディズニーが、「スパイダーマン」シリーズなどのサム・ライミ監督とタッグを組んだ映画「オズ はじまりの戦い」が、2013年3月8日に全世界同時公開される。

出典http://www.narinari.com/Nd/20120818686.html

同作は、インド人の16歳の少年パイ・パテルが、動物園経営者の家族と共にカナダに移住する船で遭難にあい、ライフボートで唯一生き残ったリチャード・パーカーと呼ばれる獰猛なベンガルトラと一緒に過ごした227日間の漂流生活を、壮大なスケールで描いたアドベンチャーファンタジー。

出典http://news.walkerplus.com/2012/1003/15/

トム・クルーズ主演、『トロン:レガシー』のジョセフ・コジンスキー監督がメガホンを取るSF大作『オブリビオン/Oblivion(原題)』のあらすじが公開された。

<Collider>によると、「舞台は未来の地球。“Scavs”と呼ばれる敵との何十年にも渡る大戦争後、荒廃した地上を後にし、人類は遥か上空に居を移していた……」という舞台設定らしい。

シリーズ第2弾「スター・トレック・イントゥ・ダークネス」は、来年2013年のサマームービーの超話題作として、5月17日から全米公開!!

出典http://cia-film.blogspot.jp/2012/12/star-trek-into-darkness-jj2.html

ディズニー/ピクサー作品の中でも『モンスターズ・インク』は最も愛されているアニメーションのひとつだ。続編への希望の声が絶えなかった本作がついに、2013年夏『モンスターズ・ユニバーシティ』として全国公開される。

出典http://animeanime.jp/article/2012/07/14/10804.html

5人の若者が休日を森の奥の小屋(キャビン)で過ごしていたら、謎の本を発見。底に書かれた呪文を唱えたら、森の中の何かが目覚め始める...というどこかで聞いた事があるストーリー。しかし何かがおかしい。 どうやら若者たちは謎の人物たちに監視され、その謎の人物たちがボタンやレバーを操作すると、ホラーな事が発生...一体何なんだ!

出典http://news.ameba.jp/20120920-64/

1 2 3