1. まとめトップ

飾り棚『ニッチ』のある素敵なインテリア【デザイン参考&飾り方】

掘り込み式の飾り棚「ニッチ」が人気!玄関や細い廊下、せまいトイレも簡単にセンスアップできます。お気に入りの絵や小物、お花を飾って、暮らしを彩ってみませんか。

更新日: 2013年10月02日

150 お気に入り 474795 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

otoichiさん

ニッチとは花瓶や飾り物を置くために壁面を凹ませた部分のこと。

中が空洞になっている、間仕切り壁の厚みを利用して作ります。

飾り棚を置くには狭いと言うような場合でも、ニッチなら場所を取らずに インテリア が楽しめます。

朝ドタバタする玄関まわりや狭い廊下、ダイニングやリビングをおしゃれに演出してみたいけれど、出っ張った棚を作るのはちょっと…というケースに向いているんですね。という訳で、さっそく見てみましょう。

〜玄関のニッチ〜

玄関は家の顔。ニッチに飾った花や絵が、雰囲気をセンスアップ。視線を惹きつけるので他のアラも隠します。

出典suumo.jp

明るい空間に似合う動きのある配置で、親しみやすい玄関に。

ナチュラルなイメージには小さめのニッチがぴったり。

縦長のニッチは雰囲気をシャープに見せます。ガラスを使って採光もバッチリ。

シンプルモダンな内装に合わせて。

縦長のニッチに生け花。美しいですね。背後のテクスチャーにも抜かりありません。

出典exhome.jp

中型のニッチは高さのあるフラワーベースなども置きやすいですね。ダウンライトでドラマチックに演出。

お気に入りの小物がたくさんある人にオススメの横長タイプ。

和洋を折衷したクールな雰囲気。

出典tagle.jp

ニッチは和風住宅にも似合います。水平垂直のラインが無駄なく美しい。

出典tagle.jp

こちらも和風。なんとなくほっとします。

〜リビング・ダイニングのニッチ〜

お友達を呼んでお茶会。ニッチに飾った写真や絵から会話が生まれます。

ソファの後ろにニッチ。これだけで絵になります。

ワンポイントで広い壁も寂しく見えない。

雑然としがちなキッチンに。カラフルなスパイスを小瓶に詰めて置くのもいいですね。

よく見ると所々にニッチが。出っ張った棚板だと、こうシンプルには見えませんね。

小物が置けるスペースがあるだけで華やかになります。

角を使った演出。ニッチ越しの見通しが良いので、空間に広がりが出ますね。

趣味のものが近くにあると、話も弾みます。

小さな観葉植物もこうするとその可愛さが目立ちます。

広々としたニッチ。筋交が入っている場合もあるので、リフォームでニッチを検討されている方は、構造も要検討ですね。

適材適所。形にあわせて置く小物を考えるのも楽しい。

1 2 3