1. まとめトップ

【裏芸能】噂も囁かれる『不可解な"自殺"』をした芸能人・有名人【芸能界のタブー】

【裏芸能】噂も囁かれる『不可解な"自殺"』をした芸能人・有名人まとめ【芸能界のタブー】自殺の背景を探る事によって、改善するべき点も出てくるはず。 画像 裏話 スキャンダル【上原美優、伊丹十三、可愛かずみ、岡田有希子、古尾谷雅人、川田亜子、hide、堀口綾子 他】(出典元はWikipediaより)

更新日: 2018年09月26日

370 お気に入り 10978036 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

藤 圭子(ふじ けいこ、1951年7月5日 - 2013年8月22日)は、日本の演歌歌手。本名、宇多田 純子(うただ じゅんこ)。旧姓、阿部(あべ)。

岩手県一関市生まれ、北海道旭川市育ち。1960年代終わりから1970年代初めにかけて一世を風靡する。夜の世界に生きる女の感情を描いた暗く陰鬱な歌(『怨歌[2]』)を、伸びやかかつ深々と歌い上げた。代表曲は「圭子の夢は夜ひらく」。

別居中だった夫は音楽プロデューサーの宇多田照實、娘は音楽家の宇多田ヒカル。前夫は演歌歌手の前川清。(出典:Wikipedia)

東京・西新宿の高層マンションから飛び降りて亡くなった

2013年8月22日午前7時頃、東京都新宿区のマンションの前で倒れているのが発見され、搬送先の病院で死亡が確認された。遺書など見つかっていないが、衣服の乱れや争ったような跡がないことなどから、新宿警察署によって飛び降り自殺を図ったと断定された。(出典:Wikipedia)

不可解なのは62歳の藤さんと30代知人男性の関係だ。少なくとも20歳以上の差がある。関係者によると、内縁関係はないとされ、ともに別々の部屋で寝ていたという。(出典:ZAKZAK)

上原美優

2011年5月11日23時頃、東京都目黒区のマンション自室のドアにスカーフとベルトで首を吊って自殺

東京都目黒区のマンション自室で交際中の一般男性と過ごしていたが、「2時間ほど一人にして欲しい」と男性を外出させたという。その後、外出先の男性の携帯電話に死をほのめかすメールが着信し、折り返し電話をかけても彼女が出なかったため男性が上原宅に向かったところ、自室のドアにスカーフとベルトで首を吊っており、5月12日午前3時37分に病院で死亡が確認された。24歳没。
遺書はないと報道されているが、解読不明のなぐり書きのようなメモを残していた。また、所持品の手帳には「お母さんが死んで辛い。このままのスタイルで仕事して先行きどうなるか」というメモが残されていたという。

可愛かずみ

1997年5月9日午前中に手首を切り3度目の自殺を図り縫合後、川崎が住んでいた目黒区駒場のマンション7階から飛び降り、帰らぬ人となる。

当初は事故としても調べられたが、すぐに自殺と断定される。飛び降りたマンションの共同廊下には、揃えられた靴と免許証やカード、そして現金約10万円が入ったシャネルの財布が置かれていた。2階のエントランスに一度落下したらしく、2階部分には、落下痕と飛び降りた際にかけていたと思われるサングラスがあった。
自殺の動機は諸説あるが遺書はなく正確なところは不明。

岡田有希子

自宅マンションでリストカットを行いガス自殺未遂。現場から程近い北青山病院にて治療の直後[、所属事務所・サンミュージックが入居しているビル(東京・四谷)の屋上から飛び降り、全身を強く打って即死。

マスコミは人気絶頂期のアイドルの自殺としてセンセーショナルに取り上げ、世間に大きな衝撃を与えた。その後、後にユッコ・シンドロームと呼ばれることになる、類例のない規模の後追い自殺(ウェルテル効果)が起こり、当時の衆議院文教委員会(現・文部科学委員会)で取り上げられる社会問題になった。

伊丹十三

1997年12月20日、伊丹プロダクションのある東京麻布のマンション下で遺体となって発見された。

『ミンボーの女』(1992年)公開後に襲撃事件があった経緯から、当初から暴力団の関与を疑う声はあった。ただ、事務所にワープロ印字の遺書らしきものが残されていて、そこに「死をもって潔白を証明する」との文言があったことから、写真週刊誌「フラッシュ」により不倫疑惑が取り沙汰されたことに対する抗議の投身自殺か、とも推測されるようになった。
創価学会関係者や後藤組組長の後藤忠政がそれを快く思わず、後藤配下の5人が伊丹の体をつかんで銃を突きつけ屋上から飛び降りさせたと言う内容を暴露、真相が世に出た。

田宮二郎

ドラマ『白い巨塔』の放映が残り2話となっていた1978年(昭和53年)12月28日昼過ぎ、家族と別居し1人で住んでいた港区元麻布の自宅で起床した田宮は付き人に赤坂へ仕出し弁当を取りに行くよう命じたあと猟銃自殺

残された遺書は妻・息子達・二児の家庭教師・2人の弁護士・田宮企画顧問・奈良岡朋子・鬼沢慶一宛の8通あったとされている。そのうち妻へ宛てた遺書には、感謝の言葉と共に、生きることの苦しみと死への恐怖が綴られ「病気で倒れたと思って諦めて欲しい」と書かれていた。

古尾谷雅人

2003年3月25日、東京都文京区の自宅で首吊り自殺により死去

晩年は事務所兼自宅マンションの住宅ローンや、亡父の遺産相続をめぐって継母との民事裁判を抱えていた。
通夜・葬儀・告別式で俳優仲間の斉藤洋介は号泣し、同じく映画『ヒポクラテスたち』で共演した阿藤快は「彼はまさに役者らしい役者だったよ」と語っていた。

川田亜子

hide

1998年5月2日朝7時30分頃、hideは自宅マンション寝室のドアノブに掛けたタオルで首を吊った状態で発見された。その後、病院に搬送されたが午前8時52分に死亡が確認された。

しかし、当初から事故死だったのではないかという見方が出ていた。hideの自室には遺書がなかった事、死去前に自殺するような印象を残していなかった事、直前にも自殺を感じさせる兆候はなかったと証言されている事、生前のインタビュー、死去の数日前にhideが都内に建てるスタジオの土地の仮契約をしていた事、などといった理由がこれに関連する。

沖雅也

テレビドラマ版「蒲田行進曲」(TBS)収録直後の1983年(昭和58年)6月28日、「おやじ、涅槃でまってる」という遺書を残し、新宿京王プラザホテルの最上階(47階)より警備員の制止を振り切って飛び降り自殺。

チェックインしたホテルの部屋備え付けのメモに遺書を残したあと屋上へ向かい、まずは一服し警備員が目を離した隙にフェンスをよじ登り、気が付いた警備員が「危ない!」と声を掛けた時には既にフェンスを乗り越える寸前で間に合わなかった。警備員は自殺直前の沖の様子について、とても憔悴していて沖だとはわからなかったと証言している。
この事件以後、高層ビルの安全管理が見直されるきっかけとなり、それまでごく普通に行き来出来たビルの屋上は厳重に閉ざされ管理されるようになった。

戸川京子

2002年7月18日、都内の自宅マンションで首を吊っているところを事務所スタッフによって発見される。

幼いころから喘息の持病を抱えており、病気を苦に命を絶ったと言われている。また、晩年は鬱病を抱えており、友人からの電話に出ないことも多かったと言う。

ポール牧

2005年4月22日早朝、東京都新宿区内の自宅マンションから投身自殺。

遺書などは残っていないようだが、仕事が少ないと悩んでいる様子もあったという

AYA

2010年10月23日 都内の自宅マンションから飛び降り自殺

詳細は不明だが、関係者によると、AYAさんは精神的に悩んでおり、衝動的に自殺したものとみられる」「最近は誰彼構わず『自分は芸能界の大物に狙われている。殺される、助けて!』と電話を掛け、被害妄想にとりつかれていたように見えた」「明け方など時間を問わず電話が掛かってくるため、知人たちは次第にAYAさんを避け始めて孤立していった。そうしたなか、AYAさんは都内の警察署に駆け込み、同様の内容を訴えたともいう。だが相手にされなかったのか、24日夜まで知人に電話し『助けて!』と訴えていた
http://blog.livedoor.jp/bubka/archives/1569928.html

沖田浩之

1999年3月27日に自宅で首吊り自殺を図り死去

自殺の理由は不明である。
沖田と『3年B組金八先生』第2シリーズで共演した武田鉄矢は、沖田の告別式のインタビューで「いままで格好いい生き方してきた彼には辛かったのかもしれない」と語っており、自殺の原因は当時、仕事が減っていたことに悩んでの自殺ではないかと囁かれた。なお沖田だけでなく、弁護士の祖父、企業経営者であった父(1996年9月)、父の生前から経営を引き継いでいた兄(2002年4月)など、置鮎家は3代で4人の自殺者を出している。

伊良部秀輝

1 2