1. まとめトップ

【冬富士は、ヒマラヤ以上に危険?】冬の富士登山の現状【3分でわかる】

地元の話題・静岡・山梨・登頂記・突風・装備・積雪・初心者・旅・生命・事件・事故・ネットで話題・体験談・これはすごい・じわじわくる・これはひどい・びっくり・どうしてこうなった・社会問題・旅行・観光・登山・冬・難易度・マッキンリー・キリマンジャロ・死・病気・体感温度

更新日: 2016年11月25日

6 お気に入り 79772 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

siitakepanさん

冬富士の動画

山の斜面で撮影しているところに、小さく転げ落ちてくるものが見えますが人のようです

冬富士体験談いろいろ

その1

今回の宿泊地目標であった、標高3000mを超えたので、ここでツエルトを張る。
 風はますます強くなってきた。気温も一気に下がる。手元の温度計は-20℃をさしている。寒い。夕食をさっさと作り、シュラフに入る。
 ここから長い夜が始まった。

 夜になり、風は凄まじいほどになった。轟々と吹き付ける風。フライはバタバタと音を立て暴れまわる。今にもフライが引き剥がされそうである。

その2

厳冬期の冬富士の難易度

M・T 登山のエキスパートのSさんですが、冬富士の難易度はどの程度なんでしょうか?

Sさん 時期にもよりますが、厳冬期の1~2月の富士登山の難易度は七大大陸最高峰(マッキンリー、キリマンジャロなど)の夏の気候が安定した時期より難しいか同じくらいです。

実際にあった事故・アクシデント

Sさん 左後ろくらいから吹いてきたんですけど、なぜか前からも強風が吹いてきたんですよね。たぶん風が巻いてるんでしょうね。それでヤバイと思って耐風姿勢をとったんですが、ドーンと風に飛ばされて9合目くらいからバーンと滑ってしまいました。

M・T えーーーーー!!!!滑ったんですか!!!

Sさん うわーっと体がもっていかれて、滑ったときは「ああ、死んだ」と思いましたね。

Sさん 富士山の突風で吹っ飛ばされるのは良くあるんですけどね。滑落も良くあります、体重が軽いので。あと数百メートルくらい離れた右側でドドーンと雪崩が起きたりとか。あと、休憩していたら遠くのほうで人が滑落していたりだとか、上のほうからものすごい勢いでおじさんが落っこちてきて横を通り過ぎていったりとか。結構ありますよ。

その3

登山歴30年の者です。冬富士も何度か経験があります。

 冬富士は冬山登山としても難易度が高い方です。

 独立峰なので風が強いというのが冬富士の難易度を上げている要素です。
 つまり、単に体感温度が低くなるということを抜きにしても、氷雪が風が磨かれて堅く締まり、アイゼンの爪が全て入らないほど高い氷も上部では出てきます。
 また、強い風を遮るものがない地形なので、モロに風を受け、体感温度以前に吹き飛ばされないようにするのが精一杯、というくらいです。
 雪上技術の1つに「耐風姿勢」というのがあるのですが、冬富士では耐風姿勢をとっても吹き飛ばされるくらいの風が吹きます。

登るための準備

富士山と登山するなら、必ず雨具(レインウェア、カッパ)は必要です。
山の天気は気まぐれです。すぐにコロコロ変わります。
たとえ晴れていても、しばらくすると雨が降り出すこともしばしば。
しかも台風のような強風の中で大粒の雨が降り出すこともあります。
こんなときに雨具をもっていないと、とても危険です。

関連リンク

1