1. まとめトップ

【ボソっと】ピース又吉おもしろつぶやき&名言集

又吉直樹さんのたまにいう発言がおもしろいですよね!あと、好きなものには熱い!そんな又吉さんの発言を集めました。

更新日: 2012年10月25日

30 お気に入り 66962 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

シェンロン

友達の難波などは僕のスネ毛を『シェンロン』と呼び恐れていた。

ファッション

僕にとってファッションは自意識との闘いなんです。どう見られるか、どう見せたいかじゃないんですよ。笑われるのを覚悟のうえで、断トツに尊敬してる志茂田景樹さんとかドン小西さんみたいに、好きな服を好きに着るのがオシャレだと思うんですよね。

ワニ

ポロシャツ以外の場でラコステのワニを見る事が今までに無かったので、えらい所で見てもうたなと思いました。

電車にラコステのワニがいたらしいです

女性について

ツッコミ

震災に対して

「怖かった。毎日、僕らに何ができるんやろう。何かできることからやろうと徐々に思うようになった…」

「僕は、2週間でいいからみんなからキャー、キャー、言われてみたい。日本に来日したときのビートルズのように」

サッカー

スター選手がかっこ良くゴールを決める瞬間を見るのが一番面白いですし、それがサッカーの醍醐味。

読書論

「難しくて理解できない本に出会ったときに、一旦本を置くんですよ。それから100冊ぐらい本を読んで、もう一度その難しかった本を開いたら、文字がめちゃめちゃデカく見えるんですよ。読める!ってなるんですよ。わかるぞ!わかるぞ!!って読んでくと、活字が躍りだすっていう感じを超えて、自分が本の世界に360度入り込んでしまうみたいになるんですよ!
難しいとか、俺には合わへんとか、面白くないって、例えばその時思ったとしても、それは自分がその本を読むタイミングじゃなかったり、能力がまだなかったりするだけで、面白くない本ってないんじゃないかと僕は思うんですよ。」

入口で面白くないと思ってしまったら、そこから面白さを分かっていくのはめちゃめちゃ難しい。

書評家の方や本読みのプロが書いた解説や書評って、本好きの人間からすれば、発見があったり、本を読むきっかけになったりします。けど、本の好きな人だけに向けて書かれている節があったりしますよね。そういうのになじみがない人が触れると、本はものすごいややこしいことが書いてある別の世界のもんやな、と苦手意識を持ってしまうと思う。読書は選ばれた人間しか味わえへんみたいな部分は、違うと思うんですよね。

本も一緒で、読み重ねていくのに段階があって。まずは、書かれてある物語が純粋に面白い、言葉の選び方や言葉遣いが面白いとか、なんでもいいから楽しさを知ってもらいたい。とりあえず自分なりに好きに読んでみて、難しいことは後から分かっていけばいいんです。

1 2