1. まとめトップ

半身浴より手軽で簡単。 全身が暖まる "足湯" の効果

部屋の中で服を着たまま手軽に出来る足湯の効果を調べてみました。

更新日: 2012年11月20日

121 お気に入り 182752 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

sherllyさん

半身浴をする時間がない人は足湯を!

足湯でも、半身浴と同じような効果を得ることが出来るんです。
足の先をお湯に入れて温めますが、この足の先を温めることで血液の巡りが良くなり、結果として冷え性を改善することに繋がります。
また、疲労回復ができるなどの効果を得ることも出来ますよ。

足湯が人気の秘密

足湯が人気あるのは、
1)足湯は、服を着たまま何処でも手軽に足湯を行える。
2)足湯は、意外に体全体が温まり全身の血行が良くなる。
3)足湯は、心臓などの内臓に負担が少なく高齢者にも安心。

なんで足なの?

全身を流れる血液中には、栄養分や酸素などのほか、代謝によって産生された老廃物なども混じっています。これらは尿などによって排出されますが、血の循環が悪かったりして排出されないと血液中に残り、引力の関係で下、つまり足にたまります。
足にたまった老廃物はやがて血行を阻害し、さまざまな病気の元となります。

足湯のやり方

足湯は、下記の条件で行う事が適当とされております。
足湯温度:38~42℃
足湯水深:くるぶしから指3本位上の深さあればOK
足湯時間:15~20分

足湯とは、足のくるぶしより少し上までお湯に浸けて体を暖め、全身の血行を良くし、体内の老廃物代謝を高める健康法です。発汗作用により体内の不純物も排泄されます。

↓ 詳しいやり方
http://www.asiyu.com/asiyu/

足湯の効果

・冷え、疲労回復

足湯は足先を温めることによって血液の循環を良くし、冷えや疲労回復などに優れた効果を発揮します。

・むくみの解消

人の体で熱を作り上げているおもな部分は、筋肉と肝臓です。肝臓には解毒や栄養素の分解など、ほかにしなければならない仕事がたくさん。なので、足湯をして体を温めればそれだけ肝臓の負担が減ります。
また、足湯により腎機能も活発になり、尿の出もよくなり、むくみも解消する効果が期待できます。

・リラックス効果

「冷え性」の方はもちろん、足の疲れやむくみ取りに、リラックス効果があるので、
寝付けない時などにもオススメです。

・風邪を引きにくくなる

肝臓の働きを活性化させると、痩せやすい体を作ったり、免疫力が高まり風邪を引き難くしたりするのです。

足湯の注意点

足湯で、からだがあたたまると、消化に必要な、胃をはじめとする、消化器系に血流がかたよってしまい、消化不良をおこすおそれが。
食後1~2時間以内の足湯も含めた入浴は避けましょう。

医師の治療を受けている人は、それだけ、普通のかたよりも、体温の上昇による、体調の変化に良くも悪くも敏感である可能性が高いので、足湯を生活に取り入れるときは、いつもかかっている医師に、相談してからにしましょう。

一回に長時間の足湯をすると、かえって余分なエネルギーを消耗し、疲労感を増すため注意しましょう。

1 2