1. まとめトップ

みのもんたがセクハラで朝ズバ!を降板

みのもんたの息子・御法川雄斗が窃盗容疑で逮捕!TBSアナ吉田明世にセクハラ! TBS系「みのもんたの朝ズバッ!」と「みのんたのサタデーずばッと」を降板することが決定。

更新日: 2017年08月13日

9 お気に入り 215228 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

wappameshiさん

事件の流れ(セクハラ→朝ズバ夏休み→息子が逮捕)

8月30日に「みのもんたの朝ズバッ!」のCMあけに、同局の女子アナにセクハラ行為を行ったことが問題となる。
TBSは「セクハラ行為はなかったが、紛らわしい行為だったため、今後このようなことがないよう気を付ける」と、みの本人ではなく番組スタッフが謝罪するという幕引きをはかった。

セクハラ事件の数日後、なぜか吉田アナの降板説がネットに流れる。

「今回の騒動で、みのさんはテレビ局関係者に『ハジをかかされた』と大激怒することになったと、ネットメディアで報じられています。
それで局としては、吉田アナをスケープゴートに事態の収束を図ろうとしているとも言います。要は彼女を番組から降ろすことにより『ご勘弁ねがえないでしょうか』と。そうだとすれば、酷い話ですよ」(女性誌記者)

9月11日、みのもんたの次男で日テレ社員の御法川雄斗さんが、窃盗未遂で逮捕される。
8月13日ごろ、酔っぱらっていた40代の会社員からキャッシュカードを盜んだものとみられるそうですが、御法川雄斗さんは、「話すことはない。弁護士がきてから話します」などと容疑を否認している。

翌日(12日)、マスコミに対してファックスで謝罪する。

みのもんたさんは「大変、ご迷惑をおかけして申し訳ありません。もう30(歳)を過ぎた男の1つの別の人間で、あれこれ、とやかく言う筋合いのものではないと、皆さんもおわかりだと思います。ただ、どうしても家族の一員。次男という気持ちは、切っても切れない気持ちで...」と話した。

TBSテレビは25日に「みのもんたの朝ズバッ!」「みのもんたのサタデーずばッと」を降板することを発表した。
10月26日、多くの報道陣が詰めかけた会場に姿を現したみのは、フラッシュの嵐の中で30秒近く頭を下げ続け、冒頭で「世間をお騒がせして、誠に申し訳ございません」と謝罪した。

セクハラ問題に関しては、「私は腰をたたいたつもりでした。セクハラをするつもりはありません。彼女はよくとちるお嬢さんで、その度に背中をたたいていた。彼女に聞いてもらった方がいい」と否定した。
映像についても「非常に巧みでうまく作られた映像だなと思いました」と持論を明かしていた。

ラジオ番組収録に復帰

みのもんた「こういうケースの場合は日本ってのはちょっとおかしいんじゃないかな、という方がたくさんいらっしゃったんで、ホッとしましたね。30すぎて世帯を持って独立して、という人間に関して、身内だからということで責任を取るのかという問題。私は世界中に友達がいるもんですから、私の知っている限りの国の方たちは『おかしいね、日本は』と言われました」

出典文化放送「みのもんたのウィークエンドをつかまえろ」

21日からラジオ番組「みのもんたのウィークエンドをつかまえろ」に復帰し、さらに以下のように語った。
報道番組への出演は「降りるつもりはないし、このまま続行してもいいんじゃないかと思いました」というが、番組プロデューサーから「報道の中立、ちゃんと守れますか?」と問われ「正直、身内の肩を持ちたくなりますね」と答えると「それは公明正大ではありません」。その一言で決断したと説明した。

降板後にみのもんたが激白

手出しこそしないけれど『あいつはくさい』と言い立てられるいじめと共通していませんか?
活字には僕の存在まで否定され、裏切られたようです。特に週刊文春、週刊新潮はひどい。

気が付いたら事件よりも『あんたはテレビで厳しいことを言っているが、自分には甘い』と僕への批判が増えていた。2週目になったら酒の飲み方がどうの、家がどうの、セクハラがどうの。3週目になったら会社の経営がどうの、せがれの家がどうの。親の責任は議論されない。

頭一つ飛び出ている人をたたき、留飲を下げている。昔は故田中角栄元首相。今はみの=悪と決め付けられている。

僕の役目は江戸時代の瓦版売りのお兄さんのようなもの。配るだけでなく『ニュースの裏にはこんなことがありそうだ』と伝える。番組では社会の出来事におかしいと感じたことは批判します。

セクハラの被害者

最初に被害者とされるのは現在はフリーとして活動する元同局アナの雨宮塔子アナ。93年ごろ、みのと番組で共演していたが、「好みなんだ、お願い、1回だけ」と迫られたことが週刊誌で報じられたという。
「朝ズバッ」共演組では、当時既婚者で現在は退社した山田愛里元アナが06年ごろ「愛人になればメインキャスターにする」と迫られ、悩んだ挙げ句、ほかの番組に異動になり結局は退社。
久保田智子アナ、竹内香苗アナ、江藤愛アナ、加藤シルビアアナ、高畑百合子アナ、さらにはお天気キャスターの美馬怜子もボディタッチなどセクハラ被害を受けたという。(FLASH)

ネットでの噂

8月に続く2度目の夏休みをとったのは、身内の不祥事に対して「次男への強制捜査を予期していたのでは」との臆測が広がった。

実は2週間前からチーフプロデューサーなどTBS上層部の一部だけには報告が上がっており、打ち切りを含めて今後、番組をどうするか話し合っていたとTBS番組制作会社社員もコメントしています。

みのもんたに頼まれて、次男の捜査に圧力をかけたバカがいる。
永田町でそれをやったあほな政治家がいるのだが・・・

1