1. まとめトップ

歴代小林幸子【紅白衣装(装置)画像集】

賛否あれど年末の風物詩となりつつある紅白歌合戦に出場する小林幸子さんの衣装(装置)を1990年からまとめました

更新日: 2012年10月29日

8 お気に入り 112779 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

イシガキさん

まだ衣装と呼んでも大丈夫なレベル

この年から衣装の巨大化が始まった

あの人と二人きっと

この姿で言われたらセリフ(歌詞)も
すごい説得力

ドライアイスを大量に使用する衣装は
世界をみまわしてもなかなかないはず

横3.5メートル、奥行き4メートル
さらにこの衣装、重さが8トンもある

衣装から装置と呼ばれるのもしかたない事なのかもしれない

蝶をイメージしているのだが、この年の紅白を観た
両親は「蛾だ、蛾だ」と言っていたのを記憶している

こう変化して・・・

出典ji-mo.jp

小林幸子の仮面をかぶったダンサーが
赤いドレスを着て踊る。

個人的には一番恐怖を感じた衣装

なぜこんな発想に至ったのだろうか

この衣装は正直芸術性高いと思いました

この年は新潟県中越地震の被災者に配慮し、紅白では派手な衣装を自粛。
この衣装は、後日NHK歌謡コンサートで披露されたときのもの。

鳥の羽のように抑揚を始める。鳳凰(ほうおう)が竜と出合い、火の鳥になるところをイメージした。幅12メートル、総重量は約1トンで¥、使用した生地の長さは約400メートル。

1 2