1. まとめトップ

【朗報】蚊に刺されない新技術が発明、数年後には実用化も

米オルファクター・ラボラトリーズは、蚊を駆除する新規化学技術で大きな進展を達成したと発表。数年後には実用化され、マラリアや西ナイル熱などの蚊媒介性疾患を低減できる可能性もと報道。早く実用化してほしいのでまとめました。

更新日: 2012年10月24日

monet333さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
4 お気に入り 5182 view
お気に入り追加

米で蚊に刺されない新技術が発明

昆虫駆除技術の米オルファクター・ラボラトリーズは、蚊を駆除する新規化学技術で大きな進展を達成したと発表した。

オルファクターは2年前からカリフォルニア大学のリバーサイド校で多国籍企業と一緒に集中的な共同研究を行った。その結果、蚊が人間の皮膚を刺すという行動を変えることができる技術を開発

この技術というのは人間の皮膚に薬を塗るものではなく、空中に化合物を拡散することによって行われる。

どのような新技術なのか?

この能力が使えなくなれば蚊は人の肌や血液を探し当てることが出来ないため、蚊から刺されることを無くすことが出来るのである。

同社はカリフォルニア大学リバーサイド校などとの共同研究により、蚊の二酸化炭素受容体を遮断して穿刺行動を抑制する化合物を発見

蚊が人間の皮膚を識別するための二酸化炭素検知能力を混乱させるようになっている。

数年後には実用化も、マラリアや西ナイル熱などの蚊媒介性疾患を低減できる可能性が期待

この技術は早くて2013年に市場投入させるということで、現在準備が進められている。

蚊が刺すというのは単に不愉快に思うことだけではなく、マラリアや西ナイル熱の患者が拡大していく原因である。そのためこの技術が実際に使えるようになると、これらの病気というのは激減していくと考えられている。

ネットでの反応

2013年には蚊に刺されない技術が市場投入だと⁉こ…これは!!!

アメリカのオルファクター・ラボラトリーズが、 ある化合物を空気中に散布する事で、蚊に人間の吐く二酸化炭素を検知できなくさせ、 蚊に刺されないようになるという技術を発見したようです。 …いや、空気中に散布しなきゃいけないなら、 蚊取り線香でよくね?( ̄▽ ̄)

数年後には蚊に刺されなくなるらしい qlifepro.com/news/20121023/… 本当なら、こんなに嬉しいことはない(儂は刺され体質。しかも痕が黒くなって延々残る)。が、どうやってその「刺されない状況」を自分の周りに維持するのだろうか?

参考リンク

1





monet333さん

気になったことをいろいろまとめてます。よろしくお願いします。