1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

【購入前に要チェック!】kindleの無料3Gの注意点

Kindleなら無料で3G回線が使える・・・・と思っていませんか?それ盲点です。【まとめ公開日:2012年10月25日】

更新日: 2017年05月23日

157 お気に入り 775488 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

soki822さん

※以下まとめは、初代Kindle Paperwhite(2012年発売)に関するまとめ記事です※

Kindle Paperwhiteなら無料で3G通信を使うことができる。

無料で3G回線に接続できるモデル「Kindle Paperwhite Wi-Fi+3G」。価格は1万2980円で、3G回線のための通信料金は不要だ。

無料の3G接続は携帯電話と同じ電波(ドコモ回線)を使用していますが、AmazonがKindle Paperwhiteの3G回線料金を負担しているため、月額料金等は不要です。

しかし、この無料3Gはいかなる時も使える訳ではない。

KINDLE利用規約にもあるように、無料3Gを使えるのはKindleにおける一部操作の時のみ...という制限があり、いかなる時も無料3Gを使えるという訳ではない。

▼KINDLE利用規約第1項より引用

お客様は、本契約により許可されているサービスに
接続する場合にのみ、アマゾンが提供するワイヤレス接続を
使用できます。他の目的でワイヤレス接続を使用することは、
いかなる場合も許可されません。

amazonによって「許可されているサービス」とは?

1.amazon(Kindleストア)へのアクセス、および電子書籍のダウンロード

kindleで、kindleストアにアクセスする際に
発生する3G使用料と、電子書籍を
ダウンロードする際に発生する3G使用料は
無料3Gとして使う事ができます。

*一部、大容量のものなどは許可されていない*

3G接続は日本の国内のみ。また、コミックなど
一部大容量のファイルは3G接続でダウンロードできません

この場合は、Wi-Fiを使ってダウンロードするしかない。

2.Wikipediaのウェブサイトへのアクセス

現状、無料3GではAmazonでの検索(購入書籍のダウンロード)、Wikipedia以外の通信は基本的に許可されていません。

wikipediaとamazon(kindleストア含む)以外の
ウェブサイトに接続する場合、
Wi-Fiを使わなくては接続できません。

つまり、kindleで無料3Gが使えるのは...

・電子書籍のダウンロード
・Amazon(kindleストア)のウェブサイトへのアクセス
・Wikipediaのウェブサイトへのアクセス

これら3つを行う際に、発生する3G使用料のみ無料で使い放題となります

米国だと上記3つ以外でも無料3Gが使えたり...

米国では、Kindle Keyboard、Kindle DXの2機種に限って、月50MBまでweb検索やweb閲覧の際に、3G通信を使うことができる。

(元々50MB制限は設定されていなかったが)一部マニアがKindleをモバイルWiFiルーター代わりに使うファームウェア改造方法等を公開するなどし、それの対策として制限が設定されたと見られている。

1





このまとめへのコメント1

  • この投稿は現在表示することができません。

1