1. まとめトップ

お財布拝見!無印良品の財布を使っている方々まとめ・ヌメ革の財布・おしゃれ

お財布拝見!無印良品の財布を使っている方々、まとめです。ヌメ革の財布。使っていると、変化してゆく財布。無印良品の財布は価格も手頃とのことです。プレゼントに。「財布を使ってきたんだなぁ」とわかる感じがなんともいいですね。おしゃれです。

更新日: 2016年07月30日

274 お気に入り 470793 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tktktuさん

お財布拝見! その1

「今までも無印良品のヌメ革財布。
もう何年使っていたでしょうね。
こんなになってしまいました」

「先日の土曜日、近くのの無印良品のお店で、 今度は、かぶせの財布を買いました」

「ヌメ革のいいところ、オモシロイところは、成長!
使っている間に、お付き合いしている間に、成長!
成長の過程が楽しめることですね!」

お財布拝見! その2

「・・・こんなに変化するもんかね? 色素の沈着が激しすぎる。たまにオイルで拭いたりもするんだけど、これ以上綺麗にならないから汚れではないんだろう。うん」

お財布拝見! その3

「最近、財布を新調した。
無印良品の定番のシリーズで、
僕個人としても同じものを使い続けて3代目になる」

「初代はどっかに行ってしまった。
(・・・多分、どっかにしまってある)

新しい財布はプロダクトとしても構造的な工夫が見られる。
前回の仕様では、
ボタンの金具が収納するカードに傷を付けてしまう現象が見られたが、
今回はその部分にもう一枚革が挟まることで干渉することを防いでいる。
そういう点を見るのも楽しい」

お財布拝見! その4

「まだ真っ白な財布(無印はもうちょっとピンク色の革だった)

2週間ぐらい日焼けさせてから使うと傷も付かずにいい色になるらしい

私の財布もまだ買って2カ月ぐらいなので一緒にベランダで日焼けさせることにした」

お財布拝見! その5

「生成りヌメ革とは、人口的な染料や塗料で仕上げていない、自然な状態の革のことです。ヌメ革は、日の光に当てたり、使い込むことによって、徐々に色が変化していき、最終的には、上の写真の左のようなアメ色になります。

これは8年ほど前に買ったヌメ革のブレスレットです。
長年愛用していたら、こんなに味のある色になりました」

お財布拝見! その6

「いろいろ見てたら、ヌメ革に強く惹かれました。
ヌメ革は、丈夫な素材ですが、扱いが面倒。
数週間の天日干しに始まり、水はご法度だし、オイルを使ったお手入れも必要だし、傷もつきやすいし。
面倒なことは嫌だけど、ヌメ革の質感は好き。
そんな時に、無印のヌメ革財布の存在を知りました」

お財布拝見! その7

長年使われた無印の財布から、新しい財布も無印のものにされています。

「使い始めは、こんな色だったんだよな(^_^;) 」

お財布拝見! その8

「昔はBREEもつかってて、高いだけあって
作りも革もいいのだが、コインケースの形が
無印のほうが数倍、使いやすい。

でボタンの部分が壊れてしまったので、
今日、用事があって渋谷へ行ったついでに
無印にて同じ財布の3代目購入です。

写真奥のが2代目、手前が新品3代目」

お財布拝見! その9

1 2