誰もがいつ主人公の立場になってもおかしくはなく、自分には関係ないとは言えない内容だと思う。また、兄が悲しいくらい頭が悪くて純粋な人間だからこそ読んでてとても辛かった。 社長の話もとても深くて考えさせられた。学校の道徳の授業でやってもいいと思う。

出典手紙 感想 東野 圭吾 - 読書メーター

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

泣ける小説、切なくなる小説5冊

泣ける小説、切なくなる小説を5冊まとめてみました。

このまとめを見る