四編で一つの物語と考えるべきだ。
全て読んだ後に、個々にではない、大きな一つの感覚を持つだろう。
感動や切なさだけでなく、人生観を揺さぶる
大作と言っても過言ではないであろう。

出典Amazon.co.jp: カスタマーレビュー: 九月の四分の一 (新潮文庫)

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

泣ける小説、切なくなる小説5冊

泣ける小説、切なくなる小説を5冊まとめてみました。

このまとめを見る