いま、会いにゆきます

いま、会いにゆきます

[作者] 市川拓司

父子家庭に起こる6週間の愛の奇跡が、父と子に、永遠に生き続けるかけがえのない心の宝を与える。リリカルだが湿度のない軽いユーモアを含んだ語り口で、静謐な慈しみに満ちた愛情の物語を鮮やかに描き出す。

この情報が含まれているまとめはこちら

泣ける小説、切なくなる小説5冊

泣ける小説、切なくなる小説を5冊まとめてみました。

このまとめを見る