1. まとめトップ

児童ポルノ単純所持(ただ持っているという状態)を処罰する法律は何が問題か

韓国では2ヶ月間に数千人の摘発。イギリスではえん罪で35人以上が自殺した。児童ポルノ禁止と言っても、その弊害は複雑で、新たな重大な問題や、禁止することによっての架空請求詐欺などの二次被害者が続出する

更新日: 2013年06月02日

19 お気に入り 100382 view
お気に入り追加

■所持の基準があいまいで、結局、警察の考えに委ねられることになる

所持の違法化に関しては、どこからどこまでを「所持」とするかが問題

うっかり児童ポルノ画像をダウンロードしてしまった場合や、スパムメールに画像を添付されて送られてしまった場合などはどうするかを考えなけらばならない。これによりえん罪が起こる可能性がある。

ウェブブラウザーでは、過去に表示した画像など、「キャッシュ」が生成されるが、気付かずHDD内にデータが残ったままになる可能性もある。

これによりえん罪が起こる可能性がある。

つまり直接画像をクリックしなくても、他のページへのリンクとして画像を縮小表示したりしているサイトをクリックしただけで、摘発される可能性がある。

まとめサイトなどでも、最近周囲に画像広告があるケースもよくみられる。ニコニコ動画においては、動画ページに「ニコニコ市場」と称する画像つき広告リンクが下部に表示される。これは視聴者が自由に貼り替えられるもので、アマゾンのアダルト商品も貼り付けが可能で、知らない間にアダルト画像のデータがPCに残っている(単純所持)可能性がある

■WindowsではDLしなくとも開いたページの「thumbs.db」という隠しファイルが生成される。アメリカでは未成年の女性のこの小さなサムネファイルの記録がPCにあったとして3.4年の懲役になった

Windowsでは、迷惑メールなどの添付ファイルや、ウェブページを見た際のキャッシュなどにたまたま含まれていた小さな児童ポルノ画像などでも、自動的にサムネファイルが生成されてしまうため無数の人が摘発対象となる。

とんでもないことに、禁止すべき画像の大きさや、画素数にすら定義がない、Windowsでは、まとめサイトのように周囲に未成年と思われる画像のサムネイルがあるページをクリックしただけでハードディスク内に記録が作られサムネイルを所有したとされ摘発対象になる。2006年にアメリカで行われた囮の偽リンクでの摘発の時に最終的に有罪になった罪は、このWindowsで画像付きページを開いた際に自動生成される「thumbs.db」という隠しファイルの所持である。
http://gigazine.net/news/20080323_fbi_fake_hyperlink/

■「準児童ポルノ」の禁止

ネットでは改正に反対する意見が多く見られるが

「反対しづらいテーマである」ことが問題をさらにややこしくしている

「児童の性的被害につながる可能性があることは全て禁止すべき」とヒステリックになっている改正賛成派

改正賛成派は、えん罪や表現の自由のことについては、まったく考えていない。

準児童ポルノの基準が曖昧だとか、表現の自由に規制が及ぶことを嫌う反対派、それぞれまったく違う次元で話をしている。

反対派は、派生する弊害について問題にしているのに、賛成派は「児童の性的被害」だけを主張して、反対派の問題をまともに検討していない。

日本ユニセフ協会の「子供ポルノ日本の現状」というスライドショーでは、イメージ映像として秋葉原の画像が使われていた。

日本の萌え文化を標的にしている

日本の「萌え文化」を標的にしているが、日本ではどんな年齢でもカワイク幼く描く傾向がある。だが、これは、児童を表現しているわけではない。

カワイク描いただけで児童を性的対象としているわけではないマンガまで一緒くたにして、そこをすり替えている

漫画やアニメなどの二次元、18歳以上の大人が児童を性的に演じた「準児童ポルノ」の禁止に関しては、表現の自由を侵害する恐れがある。

加えて、こちらもどこからどこまでが違法に当たるのかが不明確だ。

■先行した韓国では「2カ月間に数千人が検察行き」あまりにも多すぎる摘発対象者で大変な社会問題に

児童・青少年が登場しなくても、制服などを着て登場し、児童・青少年のように見えるわいせつ物を所持した場合も処罰範囲に含まれる→後手で、法律の修正を行なったが、まだ事態は収拾していない

スピード違反、駐車違反の検挙の割合に近いとも言える。ただし児童ポルノ単純所持の社会的制裁は、はるかに重い。

■先行して児童ポルノを規制してきたスウェーデンでは、最高裁で6月に漫画の所持禁止は表現の自由を過度に侵害との判決

スウェーデンの最高裁は「漫画は児童を描いたポルノグラフィであるがあくまで想像の産物である。漫画の所持禁止は表現の自由を過度に侵害するため認めるべきでない」という判決を出した。

永井豪は
「自分は『ハレンチ学園』で出世した。この作品を出した際も敲かれたが、「臭いものにはふたをしろ」で何でも規制対象にしたら、かえって悪くなる」
と主張している。

■世界で起こっているさまざまな問題

イギリスでは、クレジットカードIDが盗まれ、それを本人の知らない児童ポルノの頒布元のウェブサイトにて他人に勝手に使用されることによって、多くのえん罪者を生んだ。警察は、ウェブサイトにあるID記録を元に摘発を行なった。えん罪被害者はえん罪を証明することに大変苦労し、多くの人が職を失った、そして自殺に。

イギリスにおいては2004年に行われた児童ポルノの一斉摘発作戦(オペレーション・オー Operation Ore)によって35人以上の自殺者が出ており、その大半は妻帯者だった。後に、摘発の元になったウェブサイトの利用者データには多くの誤り(他人使用。なりすまし)が含まれていたことが判明した

7250名の容疑者を特定、4283件の家宅捜索が実施され、逮捕3744名、起訴1848名、有罪1451名。しかし、そもそも誤りを含んでいたデータに基づいて多くの不当捜査が実施されたことがのちに判明。誤って捜査対象となった者の生活が破壊され、少なくとも35名が自殺した。

日本でもマイナンバーが導入されれば、それがこっそり他人に使用され、えん罪とわからないまま処理されるえん罪事件も発生するだろう

2006年、イギリスで、不満を抱いた従業員が上司のノートパソコンに児童ポルノ画像を忍ばせた上で警察に通報し上司を逮捕させるという事件が発生した。

1 2 3





スイカのタネさん

一番作りたいものは、『動画サイトに氾濫する動画をテーマ別に効率的にわかりやすく見るための動画集まとめ』です。しかし、大量の関連動画をすべて見てから取捨選択しているので、なかなか仕事が捗りません。