松山 最初に西田さんの舞台を見たのは『破壊ランナー』でした。僕は今まで常に舞台を見続けてきたわけじゃなく、素人に近いんですが、その目からは、舞台だけど映像に見えるんです。すごく立体的に役者が動くし、一人何役も演じているのに、お客さんを混乱させない説得力がある。そういう演出のすごさと、あとは身体表現でいろんなものを表していくのも新鮮でした。今まで自分がやってきたものとはまったく違っていたので、ぜひ仕事をさせていただきたいと。そう思ったら、その人のことしか考えられないんですよね(笑)。で、すぐスタッフの方にお願いしました。それで出てきた作品が『遠い夏のゴッホ』だったので、自分が見て感動した部分がどういうふうにこの作品で表現されていくのか、楽しみです。

出典観劇予報 : 松山ケンイチの初舞台は“セミ”役!『遠い夏のゴッホ』製作発表レポート

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

11/25更新 松山ケンイチ 初舞台・初主演公演 西田シャトナー 作・演出 「遠い夏のゴッホ」まとめ

西田シャトナー 作・演出 松山ケンイチ初舞台・初主演公演「遠い夏のゴッホ」<東京公演 2013/2/3~2013/2/24 赤坂ACTシアター> <大阪公演 2013年3/4~3/10 大阪新歌舞伎座>

このまとめを見る