淳君は首を絞められて殺害されたのであるから、死斑が淡紅色であるということは、死後に低温(冷温)の中におかれたということだ。五月二十四日から二十七日までタンク山に置かれていたのではない。冷温装置の中か大量のドライアイスの中に置かれていたのだ。「腐敗の進行が遅い」こともこのためであったのだ。
 「通常は内臓のある胴体部の方が腐敗は早い」(元監察医)にもかかわらず、それとは逆に、頭部の方が腐敗が早かったのは、頭部を胴体よりも先に解凍したからにちがいないのである。

出典続・神戸小学生惨殺事件の真相

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

神戸の「酒鬼薔薇聖斗」事件の少年Aが冤罪である根拠まとめ

神戸の酒鬼薔薇聖斗が冤罪であると言われる根拠をまとめました。

このまとめを見る