子供たちを楽しませるため、パーティなどでピエロに扮することが多かったことからキラー・クラウン(殺人道化・殺人ピエロ)の異名を持つ。少年時代はボーイスカウトに入っていたこともある。アルバイト料の支払いなどの名目で呼び寄せた少年に性的暴行を加えたうえで殺害。その遺体を自宅地下および近くの川に遺棄した。自身のホモセクシュアリティを隠すために殺害したとされている。1972年から1978年のあいだ、少年を含む33名を殺害したことが明らかになっている。資産家の名士でチャリティー活動に熱心だった彼の犯行はアメリカ社会を震撼させた。
彼の描いたピエロの絵画はマニアには大変な人気があり、展示会が開かれたり、高値で取引されている。著名人では俳優のジョニー・デップが購入して所有している。
スティーヴン・キングのホラー「IT」のモデルとなった。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

世界の凶悪殺人鬼まとめ【海外編】

【凶悪事件史】海外の凶悪殺人鬼をまとめて紹介。ジェフリー・ダーマー、ジョン・ゲイシー、ヘンリー・リー・ルーカス、アンドレイ・チカチーロなど

このまとめを見る