出典 www.kit-press.com

元SEの関西佳子さん。「安くて手っ取り早い人材」として、当時社長だった父に呼ばれた

「会社更生法」の適用を受けゼロからスタートするには、旧経営陣の引退、そして資金力を持ったスポンサーが着くことが絶対条件。
「水間鉄道を消したくない」という必死の想いは、やがて外食チェーン「グルメ杵屋」の故椋本会長の心を動かす。杵屋という大きな味方を得た同社は、2006年新たな再生への道を踏み出すことに。そこで確かな原動力となったのが、異色の経歴を持ち、業界人とは違うマルチな発想ができる彼女の存在だった。

引用・参考サイト
http://www.kit-press.com/topics/suteki/047/index.html