また、宇宙飛行士は、生涯に受ける宇宙からの放射線量の上限が宇宙飛行士ごとに600〜1200ミリシーベルトと決められています。(2009年に国際宇宙ステーションに滞在した若田光一さんは上限900ミリシーベルトと決められています)

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【驚愕】宇宙飛行士は一日で地球上の180日分の放射線を浴びていた!

宇宙飛行士は1時間あたりに直すと40マイクロシーベルトの放射線を浴びています。

このまとめを見る