「宇宙飛行士が1日で浴びる放射線の量は通常の人の4~6か月分、しかし発ガンリスクは最大3%上がる程度」――宇宙航空研究開発機構(JAXA)の古川聡宇宙飛行士は2011年3月22日、記者会見に登場し、放射線を浴びるリスクについてこのように述べた。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【驚愕】宇宙飛行士は一日で地球上の180日分の放射線を浴びていた!

宇宙飛行士は1時間あたりに直すと40マイクロシーベルトの放射線を浴びています。

このまとめを見る