古川氏のようにISSに6ヶ月程度滞在する場合、それだけで約180ミリシーベルの放射線を浴びることになる。宇宙で浴びる放射線量の多さについて古川氏は、これは許容できる範囲のリスクだと話した。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【驚愕】宇宙飛行士は一日で地球上の180日分の放射線を浴びていた!

宇宙飛行士は1時間あたりに直すと40マイクロシーベルトの放射線を浴びています。

このまとめを見る