出典 upload.wikimedia.org

日本で最初の駅伝

最初の駅伝は、讀賣新聞社会部長・土岐善麿によって1917年4月27日に行われた讀賣新聞社主催による「東海道五十三次駅伝競走」とされる。京都の三条大橋を午後2時に出発し、東京の上野不忍池(しのばずのいけ)までの23区間、約508kmを走り抜き、到着したのは翌々日の午前11時34分であった。この競走のスタートとゴールである三条大橋および上野不忍池の近くには「駅伝発祥の地」の碑がそれぞれ存在する。

この情報が含まれているまとめはこちら

知ってたら自慢できるかも!京都にある日本一いろいろ☆

京都にある日本一を集めてみました。結構あるもんですね。さすが歴史のある街。知ってたら自慢できるかも。諸説あるものもありますので、ご了承下さい。

このまとめを見る