1. まとめトップ

"毛玉をできにくくする" 洋服のお手入れ方法

お気に入りのニットやスウェットに毛玉ができて毎年悲しい思いをするので、出来る前に予防を!と思い調べてみました。

更新日: 2012年11月25日

324 お気に入り 869436 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

sherllyさん

毛玉のできやすい素材

<合成繊維>
・アクリル
・ポリエステル
アクリル」と「綿」という組み合わせや、「ポリエステル」と「毛(ウール)」といった混紡糸による品物も特に注意が必要です。

強度の強い繊維である為摩擦でも毛玉が取れ難い。

強度の低い繊維である為、摩擦で毛玉が取れる。

毛玉になる原因

毛玉は、ほとんどが着用(使用)中や洗濯の際に摩擦されることにより発生します。まず、摩擦等の力を受けて繊維が毛羽立ち、その毛羽が集まり、絡まりあって毛玉となるのです。

毛玉を防ぐ対策方法

・ブラッシング

毛玉は繊維の毛先が絡まってできるもの。なので早めに洋服ブラシでブラッシングすることで毛先が整うので予防になります。洋服ブラシでこまめにブラッシングをして、汚れやホコリを落としましょう。

・洗濯のコツ

ニットをたたんだ状態よりも小さめのネットにキツめにいれること。キツめのネットに入れることで、なるべく動かないように洗うことができます。
洗うときは、洗濯機ならドライコースや手洗いコースなどのデリケートなコースで。おススメは手洗いをして、自分の手で優しく洗うことですね。

毛玉を抑える洗濯の仕方は、衣類を裏返してネットに入れ、手洗いモードで洗濯し、最後に柔軟剤で仕上げます。

・連続着用しない

満員の電車やバスの中とか混雑した場所での着用、連続着用はさけ1~2日の休養を与える

お気に入りだったとしても連続着用は避けましょう

・サイズ

適性サイズを選びましょう。サイズが小さいと、摩擦が大きくピリングになりやすい。
組み合わせる上着とのゆとりも考えましょう。セーターより小さい上着だと、摩擦が大きく、ピリングになりやすい。

ついてしまった毛玉を取る方法

・手ではむしらないこと

毛玉を引っ張らずに一つ一つ丁寧に、はさみか毛玉取り器でカットして行きます。
手でむしりとると、そのあとが毛羽立った状態になるので、 つぎまた毛玉ができやすくなります。

・眉切りハサミ

なるべく小さなハサミ(眉毛バサミ等)でカット!また市販の毛玉取り器などを用いカットする。

・カミソリを使う

1 2