1. まとめトップ

この7インチタブレットが色々すごい!

7インチタブレットは色々ありますが、私が特によいと感じたものをひとつだけ紹介します。

更新日: 2013年04月08日

42 お気に入り 68576 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

今回私が紹介するのは、kindle fire HDです。

次のような意見があります。

□Kindle paper whiteは別にして、Kindle fire(HD)って必要なの?

e-inkを採用していて目に優しく、更にバッテリーが最大8週間持続するkindle paper whiteはグーグルのnexus7やアップルのipadとは競合せず、独自の魅力を放っています。しかしながら、kindle fireの方はGPSもなく、androidベースなのにGoogle playが使えないなど、色々不便なことが多いようです。また、nexus7やipadにはkindleアプリを入れることが出来、購入した電子書籍はそれらで読めてしまいます。

ここからが私の考えです。

□なんでKindle fire(HD)をあえて買うの?

1.安いよね!!Kindle fireは12800円から。買い替えがしやすいからこれはいい。

kindle fireは12800円。kindle fire HDは15800円。*32GBは19800円
nexus7は16GBで19800円、ipad miniは16GBで28800円。これならすぐに新しいKindle fireが出ても買い替えしやすいです。

2.クリエイティブな側面もあるぞ!kindle fireに絵がかける。

専用のタッチペンを使って絵を書いています。それにしてもこの人うまいですね。kindle fireは本や映画の消費が中心のように思われがちですが、クリエイティブなことも出来るようですね。

動画を見る限り、使用しているアプリはSketchBookシリーズでしょう。amazon appsにも有るので、たくさん絵を書こう!

3.すごいHDMIアウトプットだ!!! nexus7には出来ないぞ。

HDMI アウトプットをしている様子です。TVの大画面でゲームや映画を楽しめる。大画面youtube鑑賞が出来る。

4.ドルビーオーディオとデュアルドライバ・スピーカーで音を楽しむ!!!!ヘッドフォンでも高音質を楽しめるなんて感激。

映画や音楽を楽しむ上で音は非常に重要です。

Kindle Fire HDはドルビーデジタルプラスを採用して、ヘッドホンでもスピーカーでも最高クラスの音響を生み出します。ドルビーデジタルプラスは音量の調整やバーチャルサラウンドの構成をするだけでなく、映画やテレビなどのセリフを聞き取りやすい音声で流します。Kindle Fire HDは映画や音楽、Skypeでの会話など、シーンに合わせてオーディオ設定を自動で最適化します。また、ヘッドホン使用時には、ヘッドホン用に最適化されるため、手軽に高音質のサウンドを楽しむことができます。

コンパクトなデザインに迫力のサウンド。Kindle Fire HDはデュアルドライバを搭載したステレオスピーカーをディスプレイ両端に装備。ホームシアターのようなワイドな音場を作り上げます。また、パワフルなドライバがスピーカーを力強く鳴らすため、大音量でもひずみなく、音楽では重厚な低音を、映画では迫力の音響を再生します。

5.バッテリー持ちがいい!!!!!連続11時間はnexus7やipad miniより長い。

Kindle Fire HDは11時間、ipad miniは10時間、nexus7は9時間。

6.AMAZON SILK ブラウザを体験できる。使えば使うほど快適に。

Amazon Silkはローカルのデバイス上で動作するWebブラウザの背後に、クラウドであるAmazon EC2で動作するサービスがつねに存在し、両者が連動して高速なWebブラウジングを実現すると説明されています。Amazonはこれを「Split Browser Architecture」と呼んでいます。

このブラウザはスプリット(split:分割)ブラウザと呼ばれるが、Kindle側とEC2側の双方で同時に処理を行う仕組みになっているのだ。利用者がKindle Fireでページを開こうとすると、EC2側でページをFire画面にあわせたレンダリング作業を行う。画像のリサイズなどはリアルタイムで行われ、さらに利用状況に応じた処理も行なってくれる。

つまりはこういうことです。

たとえば利用者が頻繁にTechCrunchを閲覧する場合、Silk側でも利用者の行動を認知して、TechCrunchサイトを予めキャッシュしておくようになる。それによって利用者はより素早くページを読み込むことができるようになる。あるいはNew York Timesを訪問していくつかページを閲覧した場合、それらのページからリンクされているページについても予めキャッシュされて、続いて閲覧する場合には高速に読み込むことができるようになる。

簡単に言えば、自分がよく見るサイトほど早く開けるようになるということです。お気に入りのサイトはこれで快適に読むことができますね。これは今から楽しみだ。

さらに、モバイルブラウザとしては珍しい、「ほしい物リストに追加」機能もあり!amazonらしい。

1 2