1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

ディズニー音楽の名曲メーカー【アラン・メンケン】まとめ:更新版!

ディズニー作品の名曲を作りまくるアラン・メンケン。彼の曲をぜひ堪能してください!

更新日: 2013年09月29日

289 お気に入り 153644 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

SnextHさん

アラン・メンケンってだれ?

1949年7月22日、アメリカ/ニューヨーク州ニュー・ロッシェル生まれ
舞台ミュージカルでキャリアをスタートさせ、1982年のミュージカル『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』の大ヒットで注目を浴びる。初の映画音楽作品は同作の映画版。1989年のディズニー映画『リトル・マーメイド』以降、数々のディズニー作品の音楽を担当する事になる。作曲家としてのアカデミー賞受賞8度(2011年5月現在)は、アルフレッド・ニューマンの9度に次ぐ、史上2番目の数である。

出典アラン・メンケンとは - はてなキーワード

すごい経歴っすね。

舞台音楽とディズニー映画の映画音楽で特に知られる。

出典アラン・メンケン - Wikipedia

舞台も映画もディズニーも作曲しちゃう。

その作品は、何度かアカデミー作曲賞、アカデミー歌曲賞を受賞している。

出典アラン・メンケン - Wikipedia

アカデミー賞とっちゃうくらいの作曲家。

ディズニーシーのこのアトラクションの曲もアラン・メンケン作曲。

シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ(Sindbad's Storybook Voyages)は、東京ディズニーシーのアラビアンコーストに2007年3月29日にリニューアルオープンしたアトラクションの名称。

アトラクション内で流れるBGM『コンパス・オブ・ユア・ハート』は、ディズニー映画『アラジン』の主題歌『ホール・ニュー・ワールド』を作曲したアラン・メンケンが手がけている。

出典シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ - Wikipedia

人生は冒険だ- 地図はないけれど-

他になんの曲作ってるの?

1989年
作曲賞 - リトル・マーメイド
歌曲賞 - 「アンダー・ザ・シー (Under the Sea)」「キス・ザ・ガール(Kiss the Girl)」
1991年
作曲賞 - 美女と野獣
歌曲賞 - 「美女と野獣 (Beauty and the Beast)」「ベルのひとりごと (Belle)」「ひとりぼっちの晩餐会 (Be Our Guest)」
1992年
作曲賞 - アラジン
歌曲賞 - 「ホール・ニュー・ワールド (A Whole New World)」「フレンド・ライク・ミー (Friend Like Me)」

出典アラン・メンケン - Wikipedia

1995年
作曲賞(コメディ・ミュージカル) - ポカホンタス
歌曲賞 - 「カラー・オブ・ウィンド (Colors of the Wind)」
1996年
作曲賞(コメディ・ミュージカル) - 『ノートルダムの鐘』
1997年
歌曲賞 - 「ゴー・ザ・ディスタンス (Go the Distance)」 - 『ヘラクレス』
2007年
歌曲賞 - 「Happy Working Song」、「So Close」、「That's How You Know」 - 『魔法にかけられて』

出典アラン・メンケン - Wikipedia

2010年
歌曲賞-("I See the Light")「塔の上のラプンツェル」

出典アラン・メンケンとは - はてなキーワード

とりあえずたくさんの良い曲名曲心地よい曲素敵な曲を作ってる。

曲の特徴

繊細な旋律からサビへの盛り上がりは刺激的。
聴いてて本当に心地よい。
落ち着きたい時に聴きたい曲。
一度聴いたら耳に残りやすい、優しい曲。

とりあえず聴いてみる。

魔法の絨毯に乗って飛びたくなっちゃう曲。
恋人と熱唱したらそこにはふたりだけの世界が・・・

尾ビレじゃなくて脚がほしいのーって曲。
水中をすいすい泳ぎたくなる曲。

リズムを刻みたくなる曲。
スティールパンの音色がいい曲!

どんな人でも心を持ってることを再確認する曲。
思いを歌に乗せる、切ない曲だけど壮大感を感じる。

意外に知られていない曲だけど名曲。
もうちょっとがんばろうって思える曲。

藤井フミヤがカバーするGo the Distance
原曲だけでなく、カバーも味を出す。

人生は冒険だー地図はないけれどーな曲。
いかなるときも心のコンパスに従いましょう。

1