1. まとめトップ
  2. 雑学

ベテルギウス超新星爆発まとめ

夜空を飾るオリオン座、その一角のベテルギウスが近い将来大爆発を起こし人類史上最大の天体ショーが始まるそうです

更新日: 2012年11月02日

197 お気に入り 106160 view
お気に入り追加

①:ベテルギウスとは?

ベテルギウス (Betelgeuse) はオリオン座α星で、おおいぬ座のシリウス、こいぬ座のプロキオンとで冬の大三角を形作る。

直径は太陽の800倍ほどもある赤色超巨星。質量は太陽の20~30倍。表面温度は約3300K。

②:今ベテルギウスに何が起きているのか?

ベテルギウスを取り巻くガスが上下に激しく流動し、星自身に匹敵するサイズの泡を生じている様子が確認された。

太陽の20~30倍ある星がそれ自身に匹敵するサイズの泡を出すって想像できませんね・・・

質量が大きい星ほど明るく輝くので燃料の消費が早く、寿命は短い。 太陽は約100億年の寿命の半分が過ぎたところだが、ベテルギウスの寿命は約1千万年で、いつ爆発してもおかしくない終末期にある。

ベテルギウスが寿命で爆発?とは?

超新星(ちょうしんせい、英: supernova[1])は、大質量の恒星が、その一生を終えるときに起こす大規模な爆発現象である。

星が死んでしまう時に派手に爆発する様ですね~宇宙スケールだとなんでも派手ですね~

超新星爆発についてもっと詳しくという方は↑

③:もしベテルギウスが大爆発を起こしたら・・・

星は膨らみ始め、爆発から2時間後に全天で太陽の次に明るい恒星「シリウス」と並ぶ明るさとなり、3時間後には
半月の明るさに到達。面積当たりでは半月の1千倍、満月の100倍のギラギラ度だ。この明るさが3カ月ほど続く。
オリオン座は冬の星座なので夏に爆発すると日中しか見られないが、昼間でも十分に分かる明るさという。

これが生きている間に見られるかもしれない、というからワクワクしてしまいますね!!昼間でも見れるって・・・宇宙すごい

地球への影響は?

生態系への影響では、明るさは植物の光合成に悪影響を及ぼすほどではない。河合教授によると、超新星爆発で生物に有害な強いガンマ線が放出されるのは、星が回転していたり、質量が非常に大きい場合などに限られ、ベテルギウスではまず心配ないという。

関連リンク

1





このまとめへのコメント1

  • nobunakaさん|2012.11.05

    オリオン座の1部が欠けるのは惜しいけど宇宙好きとしては生きてるうちにみたい!
    いつになるんだ!

1

gottumori1352さん

このまとめに参加する