1. まとめトップ
34 お気に入り 21844 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

bar335さん

彩様の恋愛観

いい男は見つけるものではなく、育てるもの

恋愛において男性と張り合っても、 何一つ良い事はない。心の中で”何言ってんの”って思っても最後まで男性の話すことを聞いてから自分の考えを伝え、とにかく可愛く男性を立てなきゃダメ

私は一度別れた彼と戻ることは絶対にありえない。1%でも可能性があるなら、それに賭けて別れずに頑張るから。だから別れるときは、0%になったとき

自分で選んできた男との間に起こったことは、すべて私の責任である。たとえ信じてきた人が私を裏切ったとしても、それも、私の目が曇っていたことに原因がある

恋愛には毒も必要なものだし、傷つけ合うこともありますけど、自分のエゴで相手を不幸にしちゃいけないと思う。自由奔放な女性は魅力的だけど、自分だけが良ければいいっていう考えは間違いですよ。まずは、自分から愛する力のない女性は愛されないから。

きっと男性は、自分に対する評価とか、見栄とか、社会性とかいろんな枷を抱えて生きてて開き直りができないというか。だから、自分の感情も素直に表せないし、言動にも制限があるし。そこを頑張っているんだなって理解してあげたいですよね。

私、ホントはとってもヤキモチ焼きなんです。でも興味のないフリをしてしまう。可愛い自分を演出できなくて、見せちゃいけない気がして、なかなか素直に可愛く相手に伝えることができない。本当は甘えたいんですけどね

どこまでも素敵な彩様論

良く“私があなたならとっくにアラブかどこかの大富豪を捕まえてるわ。 なぜ大変な生き方を選んでるのか理解できない”って言われる。 でも、そんな生き方では満足できない私がいるし、何よりもそういう生き方に全く興味がない

私ってバカだな、要領悪いなって思いますけど。 でも要領のいい生き方をしたいとも思っていないんですよ。 本当に自分が勝ちとったことに対して心から喜びを味わえる人生のほうがいいや、って思っているんです

人の真似をしていたのでは、いつまで経っても、その人は越えられないでしょう。他人に目を向けるよりも先に、まずあなた自身を受け入れることが必要です。そうすれば、あなたなりの魅力を引き出すことができ、真の美しさが芽生えることでしょう

本当の自分を解ってもらおうと思うこと自体が、すでに甘えていると私は思います。特に仕事の場なら、自分が思う自分像と、他人が思う自分像が違っていても当然。プライベートな関係でもないのに、自分のことを理解して欲しいなんて、所詮無理な話

人間の可愛さとは、結局、素直な心が醸し出すもの。素直でないと、自己を反省したりはできない。

私が許せない最悪だと思う男は妻がいることを隠して別の女と何の罪悪感もなく付き合える男である。これほど見苦しい男はいない。隠しているということは、そもそもスタートラインからして嘘であり、その男の存在そのものがウソだと私は考える。ウソの存在と本当の恋が成り立つはずがない。

だから女の方も、あとから男のウソが発覚したときに、嘆き悲しむのは辞めた方がいい。愛していると錯覚していた男の正体が早めに露呈したことを喜んで、また自分の目が濁っていたことを潔く反省し、とっととその男から離れること。

趣味、仕事、人を愛することもそうですけど、自己犠牲と考えるのではなくて、自分のやったことに関して責任を持とうと考えると、変わっていく気がする。

タバコがお嫌い彩様

基本的に煙草は大嫌い!実を言うと私の会社の芸能部のスタッフには、給料以外に1万円の‘禁煙手当て’を出しています。それくらい嫌いなんですね。 自分に言い寄ってきた男性がタバコ吸う人だとタバコやめてから口説いてねっていいます

タバコを吸っている女性が美肌に なりたくて色々やっている姿はとても滑稽。 まずは美肌には禁煙が基本! とまで言ってる彩さんですが、彩さんの知り合いのスモーカーのスタイリストさん曰わく、彩さんはいつも「肌綺麗じゃない。良かったね(#^.^#)」と素敵な言葉をかけてくれるそうです。

むしろ年をとるほどに素敵な彩様

人は誰しもが年を取るもの、ならば人生の明暗をわけるのは老化を進化に変えていける強い意志だと思います

若いころに戻りたいとか、若く見られたい、とは思わない。今の自分がどう美しくあるかを追求したい

私は年齢を隠さない。女性に年齢を聞くのは失礼だと言う人が多いが、私はそうは思わない。30歳の人が30年間懸命に生きてきて、40歳の人が40年間懸命に生きてきて、その歳月を聞くことのどこが失礼なのか

聞くほうも聞かれるほうも『若いことに価値がある』 という判断基準で生きている。もし『経験を重ねる』ことに価値を見出だしている人であれば、年齢を重ねた人に敬意を払い、自分も年齢を語ることに躊躇はないはずだ。

1 2