1. まとめトップ
  2. 雑学

洋楽作品にそっくりな邦楽CDジャケット集

パクリ(安易な物真似)?いえいえオマージュ(敬意をこめた模倣)です。CDジャケットを似せるのは、海外有名アーティストもよくやること。「洋楽は何から聞いていいのか分からない」という人は、これらの元ネタから聴いてみては?[発見次第追加します]

更新日: 2012年11月10日

takydromusさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
313 お気に入り 263776 view
お気に入り追加

ユニコーン

2009年
ユニコーン

このタイミングでディープ・パープルを持ってくるあたりが、なんともユニコーンらしいというかなんというか。

aiko

1999年
aiko

わざわざ髪型まで似せてるので、元ネタは結構思い入れのあるアルバムなのでしょう。

チャットモンチー

2006年
チャットモンチー

一般的にオマージュというと、先駆者を元ネタにするものです。これは近い世代が元ネタの珍しい例。同じスリーピース(当時)ロックバンドとしてシンパシーを感じてのオマージュでしょうか。

宇多田ヒカル

2002年
宇多田ヒカル

これは宇多田ヒカルさんというよりも、当時彼女のアートディレクターであり、その後に結婚/離婚した紀里谷和明さんの趣味な気がします。

くるり

2004年
くるり

シンプルなデザインなので偶然の一致かもしれませんが、元ネタがロックの名盤なので、まさか知らないとは考えられません。ストレートなオマージュだと思います。

倉木麻衣

2001年
倉木麻衣

ギターを手にサックス奏者のクラレンス・クレモンズもたれかかるブルース・スプリングスティーン。かたや倉木麻衣さんはギタリストにもたれかかっています。ギターを持っている人の位置が違うのに、構図がほぼ同じ。よく考えられたデザインのCDジャケですね。

ケツメイシ

2001年
ケツメイシ

ケツメイシとボン・ジョヴィには音楽性にほとんど共通項がないので、これはオマージュというより悪ノリっぽい。

RYO the SKYWALKER

2000年
RYO the SKYWALKER

タイポグラフィまで似せる念の入りようです。元ネタのアルバムを聴いてくれと言わんばかりですね。

サザンオールスターズ

1998年
サザンオールスターズ

元ネタの潜水服が宇宙服に。「海のYeah!!」なのにこれいかに。

KREVA

2004年11月
KREVA

ほぼ同発なので、これは偶然でしょう。なのにこれだけ似てるのは、当時のヒップホップカルチャーの空気のせいでしょうか。

1 2





このまとめへのコメント5

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1

takydromusさん

草と肉をバランスよく。