恐らく、「モーターに直接繋ぐ方が無駄が無くない?」と感じる方も多いでしょうが、モーターに直接ターンテーブルを繋ぐと、モーターのわずかな振動がターンテーブルに伝わってしまい、それの振動をレコードプレーヤーが「雑音」として拾ってしまいます。
なので、あえてベルトのゴムを間にかませて、振動を吸収しているのです。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

はじめての”レコードプレーヤー”購入ガイド

オークションでレコードプレーヤーを購入する人に役立つ、落札時の確認ポイントを紹介します。

このまとめを見る