1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

歯科医院で口内洗浄に使われる「4級アンモニウム塩」を染み込ませたフィルターを縫い込んだ6層構造で、広島大学の試験では、ウイルスを99%不活性化させる効果が確認されたという。50回洗濯しても効果が持続し、洗って繰り返し使えるのが利点という。

 PM2・5を遮断するフィルターも入っており、静電気をためない素材でウイルスや微粒子を寄せ付けない。樹脂製の形状記憶ワイヤで顔にフィットさせ、隙間からウイルスなどが入り込まない工夫もしてある。

[google news] インフルエンザ:昨季ワクチン効果低く 製造中、株が変質 - 毎日新聞 bit.ly/19wYckA #news

休めないときは抗インフルエンザ薬を予防的に服用する方法も
また、日ごろから免疫力をつける生活を送ることも重要です。充分な栄養補給と休息、そして楽しく笑いのある生活、これらは何れも免疫力アップに役立つと考えられています。

そして、仕事や学校でどうしても休めない大切な用事があるときには、タミフルやリレンザなどの抗インフルエンザ薬を予防的に7~10日間服用しておく方法があります。かかりつけの医療機関に問い合わせると良いでしょう。

インフルエンザ・ワクチンは、危険な副作用があるうえに、
実際にはインフルエンザ感染から身を守る効果はないし、
感染した場合に症状を和らげる効果もなく、周囲に感染もする。
すなわち副作用の危険だけあって、何の役にも立たないものを、
一回3000円も支払って受けているのが現状だと指摘します。

そんなものを、どうして医者や厚生労働省は薦めているのか?
医者にしてみれば、小リスクで簡単に手早く儲かるからで、
役所にしてみれば、医薬業界の経済活性化に繋がるからです。
そのどこにも、国民の健康を考える視点などありません。

1 2