出典 www.k-salad.com

膝を立てて寝ます。親指を『環跳』というツボに当てます。環跳の位置は、膝を深く身体に近づけるように折り曲げると、股関節に横向きのしわができます。そのしわのほぼ先端のあたり、腰の横、太ももの付け根の少し後ろくらいに環跳はあります。

立てたヒザを左にゆっくりと足を倒していきます。そのまま足を元の位置に立てて、今度は右に倒してください。このようにして、お尻の筋肉が緩まるまで10往復くらい行ないます。お尻をほぐすと胸郭が開き、肺の血液循環が良くなって風邪が早く治ります。

この情報が含まれているまとめはこちら

ひいてしまった風邪をたった1日で治すコツ

「風邪ひいちゃったよ~(泣)」というあなた。いまからでもまだ間に合います。少しでも早い回復のためにできることをまとめてみました♪ くれぐれもお大事に~!

このまとめを見る