1. まとめトップ

《芸能界》やっぱり枕営業はある! - 枕営業した者だけが残れるシビアな世界!?

色々諸説ありますが、知人の元某テレビ局ディレクター曰く、「バブル時代は、まだ無名だったり落ち目だったりする芸能人にとって、枕営業はごく当たりまえに行われていた」そうで。彼も時々ご相伴にあずかったらしく。さて、いまはどうなんでしょうか・・・。

更新日: 2014年06月01日

5 お気に入り 139283 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

angelkissesさん

岡本夏生

「道重がこの後、10年芸能界で生き残るためには枕営業しかありません。枕を売ることも枕営業ですからね。道重はまだ赤ちゃんだから大人の事情をいろいろ教えないと」

オンラインゲーム『Dragon Nest』の声優に初挑戦することとなった、モーニング娘。道重さゆみがコスプレ姿で記者会見に出席した際、記者会見に同席していた岡本夏生が道重に対して突如発したアドバイス。芸能界に長く身を置いているだけでなく、バブル期を経験し、その後長らく干されていた時代もある、芸能界の酸いも甘いも噛み分けた、そんな彼女から出た言葉は、信憑性が高い。かつて岡本の全盛期だったバブル時代には"枕営業"が実際にあったことが伺われる。

小向美奈子

「“アイドルを紹介することでおカネを得ている人たちがいて、デートクラブみたいな仕組みができている”“売春を副業にするグラドルを何人も見てきた”」

事務所の契約解除から1か月半の沈黙を破り、「週刊ポスト」に告白したインタビュー内容に答えて。

眞鍋かをり

「『某タレントはオーナーと性的関係を持ったから番組に出演できた』とマネジャーから頻繁に聞かされた」

所属事務所「アヴィラ」に契約解除を求めたが、逆に所属事務所から損害賠償の訴えを起こされた眞鍋かをり。眞鍋側が裁判所に提出した準備書面に、同社の事実上のオーナーとタレントの"枕営業"についての記述があったと東スポが報じていた。

折原みか

「私はしたことがない」「アヴィラ(所属事務所)では枕営業で仕事を取るようなことはない」と前置きをした上で、「他の事務所のタレントが枕営業をしている」とほのめかした

深夜放送のラジオ番組『JUNK ZEROケンドーコバヤシのテメオコ』(TBSラジオ)にゲスト出演したグラビアアイドルの折原みかが、アイドルの"枕営業"について発言し、話題を呼んだ。

せきあゆみ

「仕事と引き替えにあゆみの体をお金で買おうとした人がいました」「仕事をしていく中で何で体を売らなきゃいけないの? そうしなきゃいけないなら、あゆみは仕事を諦める」

「枕営業」に耐えられず、グラビアアイドルがブログで引退表明。なお、ブログでの告白はすでに削除されている。

こうして「枕営業」の現実が白日の下に晒されると、芸能界では本当に「慣例」として存在し、日常的に行われているのでは……と、勘ぐってしまいそうですね。

1