1. まとめトップ

【極貧→ヤンキー→日本一のアイドル】SMAP中居正広の苦労話からサクセスストーリー

日本一のアイドルかつ司会者として知らない人はいない、SMAPの中居正広さん。苦労話は意外と知られていませんが、その経験があったからこそ、今の中居さんがあるのかも。そんな経歴を紐解きます。

更新日: 2012年11月03日

23 お気に入り 169538 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

輝かしい経歴

『NHK紅白歌合戦』で最年少司会に抜擢され、その後も計6回担当。司会6回はNHKアナウンサー以外では最多記録である。

Wikipedia

TBS系列のオリンピックキャスターを務め、その後も2006年、2008年、2010年、2012年と、夏季・冬季を連続で務める

Wikipedia

マイケル・ジャクソンの遺作となったドキュメンタリー映画『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』(10月28日公開)のワールドプレミア(27日、米・ロサンゼルスで開催)に日本唯一のゲストとして招待を受ける。

Wikipedia

SMAPメンバーの中で唯一、声優の経験がなかったが、フジテレビ『FNSの日』の司会を務めた際に連動企画として2006年には『ちびまる子ちゃん』、2008年には『サザエさん』に声の出演を果たした。

Wikipedia

苦労した幼少時代

「お米も満足に買えなかった」

ヤンキー高校生時代

よくヤンキー時代の話をテレビでしていますよね

中居曰く、高校時代の中居は「ヤンキー派」で、中ラン・ボンタン、潰した学生カバンなどのエピソードは、テレビやラジオなどで、たびたび紹介される。一方同級生の木村拓哉は「チーマー派」で、当時やんちゃだった二人は度々喧嘩もしていたという。

Wikipedia

募金等は名前を出さずに行う男気

ジャイアンツが大好き

プロ野球・読売ジャイアンツのファンで、特に原辰徳のファンである。特に2012年のFNSの日に原が登場した時は更に一層と好感触が増してまた、好きになっちゃったと驚きと嬉しさで其れまでの眠気が一気に飛んだ。

1