1. まとめトップ

冷え性やむくみを改善する貧乏ゆすりの驚くべき効果

一般的に、貧乏揺すりをしていると、落ち着きがなく、行儀が悪いと思われがちです。しかし、この貧乏揺すり、実は体に良い様です。

更新日: 2012年11月04日

11 お気に入り 10286 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aipdonさん

そもそも『貧乏揺すり』という言葉は、昔貧しい人が寒さや空腹で震えていた様子に由来するという説があります。

一般的に、貧乏揺すりをしていると、落ち着きがなく、行儀が悪いと思われがちです。しかし、この貧乏揺すり、実は体に良い様です。

(1)血行が良くなる

貧乏ゆすりは、ふくらはぎを伸ばしたり縮めたりといった刺激によって、筋肉が動き血行を促進してくれるそうなのです。
また、肺塞栓症予防のために患者様にふくらはぎに低周波電流を流して、ふくらはぎの運動をさせたり、薬剤を使いふくらはぎで生成される血栓を溶かす療法を行ったりしている医療機関が増えているのだとか。

(2)ストレスを軽減させる

人は、ストレスや不安、イライラなどを感じると、貧乏揺すりをする傾向がある様です。なぜなら、貧乏揺すりの一定リズムの振動は、セロトニン【平常心を保とうとする物質】を分泌させ、無意識にこれらのストレスを解消し、精神を安定させようとする効果があるからです。

(3)集中力を高める

貧乏ゆすりをすると、脚の筋肉の動きが加わって血液を上へ押し上げる効果が期待できます。
これによって頭へ血液を送り込み、血行をよくして勉強の効果をあげるのです。
わたしの観察では、大学教授や医者、弁護士など多忙に頭を使う職業の方は貧乏ゆすりをしていることが多いです。ぼーっとしている方には貧乏ゆすりはあまり見られません。
必死で勉強している子が貧乏ゆすりを無意識に行っているのは、それだけ頭に血液が必要であるからこその自然行為ということです。Don't Stop 貧乏ゆすり!

貧乏ゆすりって足のむくみの解消になるんだってさ。 自然にゆすっちゃう点は問題ありらしいけど

貧乏ゆすりって体に良いらしい。冷え症に効果的で足細くなるって。「「足細くなるって」」

貧乏ゆすりを30分くらいしたw 行儀が悪いことは、分かってるけど、脚に疲れが取れる効果があるらしい。揺する前より太ももが軽くなった気がしてる(^^)

関連リンク

1