1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

12月から滑れる首都圏から行けるスキー・スノボー場ガイド

首都圏から行けるスキー場、スノボー場をピックアップしました。

更新日: 2012年11月06日

183 お気に入り 40218 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

takaboo00さん

■狭山スキー場 (埼玉県狭山市)

首都圏からスタッドレスタイヤを履かずに行ける、お手軽な人工スキー場と言えば、埼玉県狭山市にある狭山スキー場です。スノボー初心者が何回も練習したいという目的にぴったりではないでしょうか。

さすがに人工スキー場なので狭いですが、初心者に安心な傾斜ですね。

全長320mと決して長い距離ではありませんが、初心者が何回も練習したいという目的なら、十分な距離です。

■スノータウン yeti(イエティ) (静岡県裾野市)

室内のスキー場でなく、外で滑りたい!という方にオススメなのが、富士山を眺めながら滑れるyeti(イエティ)スキー場です。東名高速道路で気軽に行けて、初心者にも安心なコースレイアウトです。

ちょっと気軽に「スノボー行こうぜ!」というゲレンデとしては十分なコースです。

■ふじてんスノーリゾート

スノボー、スキー初心者の練習から、お子様の雪遊びまで、都心近くで楽しめるアットホームなスキーリゾートです。

富士山があるだけで、随分と景色が違って見えます。

ファミリーで冬休みを満喫するには楽しそうですね。

■カムイみさかスキー場 (山梨県笛吹市)

山梨県で都心から80分の近場にあるスキー場です。ファミリーにも向いていますので、長時間の移動を避けたいファミリーにおすすめです。

距離の長い直線は、スノーボーダーによって魅力的ですね。

直線が多い印象です。見通しが良いということは、人にぶつかる危険性を察知しやすいですね。

■鹿沢スノーエリア (群馬県吾妻郡嬬恋村)

やっぱスノボーは山の方へ、という方にオススメなのが、群馬県にある鹿沢スノーエリアです。
本格的なコースレイアウトで、中級者以上の方にも満足いただけると思います。
駐車場も1200台分あり、しかも無料です。

景色も良く、大自然を満喫しながらのスキー、スノボーは最高です。

距離、コースレイアウトともに十分満足できますね。

1 2