1. まとめトップ

ただのお菓子じゃない!チョコレートの健康効果が凄い

チョコレートはお好きですか?好きだけど高カロリーだし……と思ったあなたは損をしていますよ。チョコにはいろんな効果があるんです。ダイエット効果もあるそうですよー。

更新日: 2012年12月12日

253 お気に入り 288910 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aribonさん

寿命を延ばす効果がある

カカオにはフラボノイドやテオブロミンなど、私たちの健康に良いとされる成分が含まれているため
ただし健康に良いチョコレートは、少なくとも70%以上のカカオ(もしくは焼いたり、粉状のココア)を含むチョコレートです

咳を抑える

日頃からしつこい咳に悩む患者300人対し、チョコレート由来の天然の化学物質テオブロミンを1日2回、2週間にわたり処方したところ、60%の被験者が処方後すぐに「咳が楽になった」と実感した。
今回の実験で1回に投与されたテオブロミンは1,000mgで、甘くないダークチョコレートなら1オンス(28g)に約450mg、甘みをプラスしたダークチョコには約150mg、ミルクチョコレートだと60mgほど含まれている

肥満の予防

脂肪分解酵素リバーゼの働きを抑え、脂肪が血液中に残るのを防ぐため、結果として体脂肪率は上がりにくくなる。
食前にチョコレートを食べると、血糖値がすばやく上昇するので、食欲が抑えられるのも肥満の予防につながります。

脳卒中のリスクが低下

1週間に1枚の板チョコで脳卒中のリスクが約2割低下
カカオマスの含有量が多いダークチョコレートが有益だそうです

歯周病予防効果がある

大腸菌や赤痢菌、O-157やサルモネラ菌、胃ガンや胃炎の原因であるピロリ菌や歯周病などに対する殺菌作用も認められています

リラックス効果

チョコレートやいちご、ブルーベリー、ラズベリー、紅茶などの食品の中から共通して発見されたいくつかのフレーバーが、化学的に精神安定剤と類似しており、同様の効果があり得る

集中力・記憶力を高める

チョコレートの甘い香りには集中力や記憶力を高める効果があることがいろいろな実験から明らかになっている

疲労回復

集中力や記憶力を高める作用や疲労回復、血圧上昇を防ぐ作用があります。

便秘や肌荒れに役立つ

チョコレートに含まれるカカオは、食物繊維やミネラルなどの栄養素が多く、便秘や肌荒れなどに役立ちます。

ミネラル、食物繊維が豊富

チョコレートはカルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛などのミネラル類を豊富に含む栄養バランスのとれた食品
女性に不足しがちと言われている鉄分を、おやつにチョコレートを食べることで補うことができる

ダイエット効果

《チョコに含まれるポリフェノールも効果たっぷり!》

動脈硬化を防ぐ

がん予防効果

チョコレートをたくさん食べる国では胃がん死亡者が少ない

ストレスに打ち勝つ

身体的にストレス状態にあるラットにカカオ・ポリフェノールを与えたところ、ストレスにうまく適応することがわかった。また心理的ストレスにたいしても抵抗力が強まることが確かめられた。

アレルギーやリウマチにも効果

チョコレートを人に食べてもらったところアレルギーの原因となる活性酸素の過剰な働きが著しくおさえられた。

おすすめまとめ

1 2