「我々の弟子稼業というのは、掃除をさせられるじゃないですか。で、掃除をしていると師匠が、『それ、楽しいか』って言うんです。『いいえ』って答えると『そやろ』って。『そういうのが楽しいわけがない』と、おっしゃるんですね」

「そのときに、師匠に、『掃除はどうしたら楽しいか考えろ』って言われたんですけど、そこでしたねぇ。
掃除なんて、楽しくなるわけがないんですよ。ところが、

『楽しくなることを考えてることは楽しい』っていうところに、
18歳のときに気づかせていただいたのが非常に助かりましたね」

出典2008-07-27 - てれびのスキマ

http://hirameki-teishock.up.d.seesaa.net/hirameki-teishock/image/BCCCBFBF.jpg?d=a0

『楽しくなることを考えてることは楽しい』
これ凄くいい言葉だと思う。

師匠は落語家の2代目笑福亭松之助

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

人生を楽しくする【明石家さんま】の哲学。

真面目な言葉は、ゴールデンタイムでは出てこないのですが、ローカル番組では結構真面目な話をしてます(ラジオとか)、そして、かなり達観してる。

このまとめを見る