PCBは、加熱や冷却用熱媒体、変圧器やコンデンサといった電気機器の絶縁油、可塑剤、塗料、ノンカーボン紙の溶剤など、非常に幅広い分野に用いられた。一方、生体に対する毒性が高く、脂肪組織に蓄積しやすい。発癌性があり、また皮膚障害、内臓障害、ホルモン異常を引き起こすことが分かっている。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

世間を震撼させた日本最大級の食品公害事故「カネミ油症」とはなにか?

国内最大の食品公害とされるカネミ油症とはなんだったのか?「カネミ油症事件」の被害者の人達を10年間かけて取材したドキュメンタリー映画も公開決定。

このまとめを見る