1. まとめトップ
  2. カラダ

毎日歯を磨いてるのに虫歯になってしまう原因と改善策

毎日歯を磨いていても虫歯になってしまう、それには原因がある様です。その原因を取り除いて虫歯ゼロを目指しましょう!

更新日: 2012年11月07日

550 お気に入り 262116 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nekofunkさん

虫歯になりやすい、その原因は?

歯の質や歯の形、唾液の量、唾液の性状など遺伝的な要因が大きく関わっていると考えられます。また、歯並び、歯の磨き方、食生活なども影響しています。

「虫歯になりやすい」と言っても、その原因は人それぞれ、様々です。リスクファクター(危険因子)を適切に判断し、それぞれの患者さんにあった予防プログラムを処方すれば虫歯は予防出来ます。

原因を見つけて虫歯を予防しよう!

虫歯になりやすい人が気をつけるべき食生活

間食が少なく規則正しい食事をしている場合は、酸によって歯が脱灰される時間が短く虫歯になりにくい。

砂糖の摂取は量よりも頻度が問題です。 砂糖を摂るなら、チョコチョコ摂るよりも一度にまとめて摂ったほうが 虫歯になりにくいのです。(摂らないに越したことはありませんが・・・)

仕事をしながら砂糖を入れたコーヒーを飲む人や、糖分の入ったペットボトル飲料を飲んでいる人は要注意です。特に、何時間もかけてチビチビと飲んでいると、その間、口の中がずっと酸性の状態となり、虫歯リスクが高まります。

虫歯になりやすい食べ物となりにくい食べ物

虫歯になりやすい食べ物、飲み物とは、pHが低く歯を溶かす物です。

栄養ドリンク、スポーツドリンク、ビール、
ワイン、黒酢、炭酸系の飲料 など
(引用:
http://www.geocities.jp/hijiyaortho/topics/topics2012.09_sansyoku.html)

虫歯になりにくい食べ物としては、カルシウムを多く含む魚介類、牛乳、チーズ、その吸収を助けるビタミンDを含む食べ物があります。

ビタミンDはキクラゲ・マイタケなどのきのこ、さけ・かつお・いわしなどの魚に多く含まれています。含有量や通常の食事での摂取量を考えると、魚のほうが効率よくとれます。
(引用:http://health.goo.ne.jp/column/woman/w001/0026.html)

また、歯を清掃してくれる清掃性食品も良いとされています。清掃性食品とは、唾液の分泌を促す酸味のある食品や、食物繊維を豊富に含み(ごぼう、レタス、セロリなど)、咀嚼することで歯の表面をきれいにする食品のことです。

もう一度見直したいデンタルケア

虫歯になりやすいのは歯と歯の間。ここは、いくら歯磨きをしても汚れはほとんど落ちません。デンタルフロスや歯間ブラシは使っているでしょうか。

フッ素入り歯磨き剤を使用していない、フッ素を活用しない人は虫歯になりやすいと考えられる。

多くの歯磨き粉には茶渋などの色素沈着を落とすために研磨剤が含まれています。歯垢を落とす目的だけならば研磨剤は必要ありません。使いすぎはかえってエナメル質を削ってしまうだけです。

どうしても頻繁に使うなら研磨剤の入っていないものにしましょう。
(引用:
http://www.geocities.jp/hijiyaortho/topics/topics2012.09_sansyoku.html)

歯磨きに関しては、強くブラッシングをする人が多くいるのです。しかし力の入れ過ぎでは汚れを効率的に除去することができないだけでなく、歯を保護するエナメル質をはがしてしまい、最終的に虫歯になりやすい歯になってしまうのです。

まず歯みがき粉をつけずに歯ブラシだけでブラッシングして口の中の汚れをとります。それからフッ素配合の歯みがき粉をつけてもう一度みがきます。みがき残しをなくすために、歯をみがく順番を決めて毎日その順番でみがきましょう。

唾液と虫歯の深い関係

1 2





このまとめへのコメント1

1