1. まとめトップ

千葉市長が批判「田中真紀子大臣の大学不認可」連続ツイートまとめ

大きなニュースとなっている田中真紀子大臣の大学不認可問題に関して、千葉市市長・熊谷俊人氏が連続ツイート。行政の立場からの興味深い内容だったのでまとめました。

更新日: 2012年11月05日

3 お気に入り 2359 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

monet333さん

「田中真紀子大臣の大学不認可」問題

田中文部科学相は2日の閣議後記者会見で、文科相の諮問機関「大学設置・学校法人審議会」が2013年度の開校を認可する答申を行った大学3校について、不認可としたことを明らかにした。

大学の質の低下が進んでいるため、大学設置の認可を審査する審議会制度を抜本的に見直すという。田中文科相は「見直しを行う間は、大学の新設を認めない」としている。

この問題を受けての、千葉市市長・熊谷俊人氏の「田中真紀子大臣の大学不認可」へ対する連続ツイート

田中文部科学大臣の大学不認可問題は大問題に発展しそうですね。私も行政を預かる立場として、指導に従い準備を進めてきた大学の認可を土壇場で覆すというのは考えられませんし、訴訟になれば敗訴する可能性が高いと思われます。一番の問題は野田内閣の意思決定プロセスです(続く)

(続き)このような重大な意思決定がどうして田中大臣一人の考えで行えてしまうのか。普通に考えれば政務三役なり事務次官なりが内閣に直訴し、田中大臣を止めることができたのではないかと考えるのですが…。政権の意思決定プロセスに関わる問題なので、裏側を是非知りたいと思っています

早速、「無駄な大学を増やさなくていい」という意見がありましたが、そういう問題ではありません。大学を増やさないのであれば基準を見直し、今後はそう簡単に認可しなければいい。問題は現在の基準に従い、文科省の指導も受け、認可がほぼ決まっていた大学の認定を土壇場で覆したことです

改めて申し上げますが、私は大学を増やすことが良いと言っているわけではありません。今後、大学をそう簡単には認可しないというのも今の時代に合った考えでしょう。しかし、そのためには基準を見直し、公表し、その基準で審査をしなければなりません。今回の大学は今までの基準で審査されていたのです

大臣が最終決定者であるというのは、大臣が好き勝手に個人の考えで決められる、ということではありません。全ては法とルールに則り決まります。その法とルールを作るのが大臣の仕事です。法とルールに定義されない事象が発生した時は大臣が組織の議論を経て最終的に判断するものです

寄せられたレスへの回答など

この段階での不許可が問題ということで、世の中のためには必ずしも必要ないという認識でしょうか?QT @kumagai_chiba

@imatoko この段階での不許可はありえません。今後、大学をどの基準で認可していくか見直すことは行政判断です。

貴方が役所に言われたとおりに申請書を書いて提出したら、「この瞬間から申請手続きが変わったので却下です」と言われてご納得されるのであれば。 RT @UNK113 「ほぼ」決まってた。なら覆しても問題ではないのではないでしょうか。ほぼは100%ではないですよね

@kumagai_chiba しかし、正式に決まってもいないのに、審議会からの等身が出た段階で、生徒を募集したり校舎を建築したりといったことができてしまう、政治の形骸化も問題ではないでしょうか。今回の手続は、端から見ていると、大臣はお飾りで良いと言っているように見えます。

市長の職務で言えば建築基準と指導に従って建築した建物を土壇場で私が許可しないようなものです。あくまで最終決定者は私になりますが、私個人の考えで判断するのではありません。基準を作ることが仕事です。 RT @muratyan79 今回の手続は大臣はお飾りで良いと言っているように見えま

@kumagai_chiba 審議会を通りさえすれば自動的に認可されるのであれば、最後に大臣の判断余地は必要ないのでは?

@ruckatz3 当たり前でしょう。審議会で審査するシステムなのですから。大臣が決めるのはそのシステムであって、勝手に個人で判断することではありません。審議会後に新事実が明らかになった場合などのために最終判断が大臣になっているだけです

@kumagai_chiba ありがとうございます。限られた事態においてしか大臣に最終判断(における覆し)の余地がないということですね。その根拠を調べてみることにします。

@ruckatz3 大臣が多岐にわたる全てを判断し決めることは現実的に不可能です。ですから、基準を設け、審査するプロセスを用意し、そのプロセスを尊重し、判断するのです。大臣、政治家の役割はその基準とプロセスを作る・変更することであって、無視して独断することではありません。

@kumagai_chiba 内閣の意志決定手順に問題あると思いますが、田中氏が「大学が最高学府として機能しないほど乱立している」という趣旨において認可しなかったこと自体は正しいと思いますがいかがですが??ご意見お聞かせいただければとおもいます。

@M_Radio1 おっしゃるとおり、乱立していることは問題ですし、少子化を考えれば自ずと結論は明らかです。ならば大臣が行うべきは、今まで認可してきた基準とプロセスの見直しです。ルールを見直す前に現行のルールに従ったものを認可しないのは法を逸脱した暴挙でしかありません。

@kumagai_chiba 市長が仰る内容に僕は(職業柄)大変賛同致しますが、市長が権力行使のプロセスの問題を仰っているのに対して、多くの方が大学多すぎるなら大臣の決定は正しいだろう、という結果のみを見ていることのズレが勿体無く思います。

@kumagai_chiba 大臣という職務や役割に関しての話しなのか、大臣云々は別として今回の決断の是非の話しなのか、混同しました。

@yoko_mom 安易に大学を増やしたくない、審査を厳しくしたいという大臣の考えは時代に沿ったものです。しかし、その考えをルール化する前に現行ルールで審査を経た大学を認可しないという決断は完全な暴挙であり、賛同する余地は全くありません。

@nakanoya @kumagai_chiba 結局そこだと思うんです。市長の仰る事はよくわかるし、そんな事をする政治を許していたらハチャメチャ。でもこの時代このご時世、これ以上必要ないと多くが思う。市長ならどう進めるべきだったのか伺いたい。ルール化するまでの期間はどうすべき?

@yoko_mom @nakanoya 今回の大学を認可しないという暴挙はありえません。基準・ルールを見直すことに全力を尽くすべきです。同時に既に認可した大学を厳しい基準の下で精査していくルールを作ることでしょう。少なくとも次の認可は最小限にできるはずです

@nakanoya @kumagai_chiba なるほど。ありがとうございます。一つ伺いたいんですが、その行政国家をやってきた結果がこれで、現在その手順やルール化を待つ余裕もないくらい酷い政治、厳しい経済の中でもあくまでもその行政国家のルールに則ってやるべきなのでしょうか。

@yoko_mom @nakanoya 着眼点が少し違いますよ。この国の問題は法治国家のルールを遵守したからではなく、ルールを作る政治が機能していなかったことによるものです。飛行機が墜落した時に操縦方法の原則を批判する人はいません。パイロットの判断が問題なのです

選挙地盤と今回の問題は全く関係ありません。私も含め常識的な政治家であれば認可基準やプロセスを見直すところに着手するでしょう。 RT @MOKAteachar 市長が大臣であれば認可基準を見直そうという考えを発言できていたのでしょうか。選挙地盤がしっかりしていないと無理なのでは

1 2