出典 personalsite.liuhui-inter.net

【女子高生コンクリート詰め殺人事件 加害者】宮野 裕史(A) (1970.04.30)

主犯格。懲役20年の刑で服役中。2008年出所予定。
中学時代は軽量級の柔道の選手として活躍。身長160cmと小柄だがガッシリとした体格。付属男子高校中退。見習いタイル工として働き始めるが暴力団員と知り合い、パシリとなる。

関西の篤志家と養子縁組して「横山(?)」と改姓。

この情報が含まれているまとめはこちら

女子高生コンクリート詰め殺人事件の全貌【史上最悪な殺人事件】

女子高生コンクリート詰め殺人事件とは1988年11月25日、18歳Aは埼玉県三郷市内で当時17歳の女子高生をわいせつ目的で拉致、ホテルに連れ込み強姦した。その後、A、17歳B、16歳C、17歳Dの4人で東京都足立区綾瀬のCの自宅に女子高生を監禁して殺害した事件。

このまとめを見る