1. まとめトップ

プリウスより売れているホンダの軽自動車「N BOX」

2位にはホンダの軽自動車「N BOX」が浮上、前月まで首位だったトヨタの「プリウス」は3位に後退、トップ3が大きく変動した。

更新日: 2014年07月21日

92 お気に入り 182594 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

bar335さん

☆日本自動車販売協会連合会は10月の車名別新車販売台数を発表

☆ついにプリウスが首位の座から転落

☆大躍進を果たした、ホンダ本気の軽自動車「N BOX」

ホンダ・N BOX

N BOX(エヌ ボックス)、N BOX+(エヌ ボックスプラス)は、本田技研工業が生産、発売するトールワゴン型の軽自動車である。

☆「N BOX」にかけたホンダの本気度がすごい

開発に際し、シャシーとエンジンをセットで考えるという観点から、LPLの浅木泰昭を含め、第2期ホンダF1に携わったメンバーが開発スタッフとして参画。

製造は従来よりホンダの軽自動車を手掛けている八千代工業ではなく、鈴鹿製作所で行われる。

エンジンは、新開発のS07A型 直列3気筒 DOHCを採用し、軽量&コンパクトでありながら扱いやすく高出力な特性を獲得している。

ホンダが生産する軽自動車へDOHCエンジンが搭載されたのは、1963年登場の本田初の市販自動車のT360以来48年ぶりで、4バルブ方式のDOHCエンジンは軽自動車では社内初採用となった。

変速機も、ホンダの軽自動車として初めてかつ専用に新開発されたCVTを採用

軽自動車としては初めてVSAとヒルスタートアシストシステムを全車に標準装備

☆ライバルであるダイハツのタントとスズキのパレットを徹底的に研究

タントと比べてリアシートはN BOXが勝る。

座面の奥行が少し短く感じるが、座り心地に不満はない。タントは小さく畳む機能を優先させ、座り心地が平板だ。

タントと比べて、最大トルクの数値と発生回転数はN BOXが勝る。

N BOXの最大トルクはタントを0.5kg-m上まわり、1,700回転低い実用域で発生する。車両重量は930kgで同等だから、発進直後から街中の巡航まで、N BOXの方がアクセルの踏み方が少なく済み、扱いやすいのだ。

N BOXはタントやパレットを入念に研究して開発された。

従って走行性能、居住性、積載性など、幅広い面でN BOXが優れている。

☆「N BOX」という名前からもホンダの本気がうかがえる

「N」はホンダ初の本格的量産4輪モデルである「N360」の「N」をモチーフに、「もう一度原点に立ち返って新時代の4輪車を造りたい」という思いを込めている。

「New」「Next」「Nippon」「Norimono(乗り物)」のそれぞれの頭文字も含め「これからの新しい日本の乗り物を創造する」という意味合いも込めている。「BOX」はその姿形、「+」はコンセプトの「新しい可能性をプラスする」より。

☆ユーザーの意見は?

最近ほんとNboxばっか見るよなー!内装見たことないけど見た目が嫌。タントのがかっこ良い笑

にしてもNBOX調子いいね。イースは結構出回ったのかだいぶ落ち着いてるけど。 モデル末期なのにタントの売り上げもすばらしすぎる

いざ車買うっちなったら何が良いか分からん。コンテかタントかNboxしか乗りたいの出てこん´×`;;

ホンダNBOXは見た目がキモいな・・・ ライフもどうしようもない形だしなぁ・・・ ゼストがきっちりまとまってて好感持てただけになんともはや・・・ 

NBOX乗ったことないからわからんが、広さならporteも負けてないと思うんだが…porteは軽じゃないのか…?

☆☆関連まとめ☆☆

1