1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

【悲報】チョコレート、2014年消滅か!?

チョコレートが無くなってしまうかもしれない。チョコレー党の皆さんにピンチが訪れるかもしれない。

更新日: 2012年11月09日

22 お気に入り 21408 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nasurinさん

どういうこと?

危機の主要な原因は、10年から11年にコートジボワールで起きた内戦。

その影響は、世界の在庫の総計の40%を生み出している地域のカカオ産業を麻痺させてしまった。

これが原因で農作物を公正な価格で取引し、公に品質を保証するプログラム「フェアトレード」が停止。

以後、多くの人々が他の西アフリカ諸国へ出て行きました。それに伴ってフェアトレード農家として正式に認められているカカオ農家の数が、大幅に減少している。

カカオの木はある種の寄生植物、特にヤドリギにやられています。ヤドリギは、木に密着し、木の水分と栄養分を吸収するので、カカオの木が弱ったり、枯れてしまいます。

カカオの木の老齢化も原因です。特にアフリカでは、貧しい農民が新しい木を植える資金が充分にないため、古い木を育てる傾向があります。心配なのは、こうした古い木はもうそんなにたくさんの実をつけないことです。そのため、生産高は年を経過するごとに減っていきます。

このままだとどうなる?

需要と供給のダイナミズムが関係している。

11年11月、世界のチョコレート製品の売り上げは、初めて1,000億ドルを超えた。カカオの消費は常に増加していて、すぐに世界の生産能力を超えて貯蔵を消費し尽くす。

多くのチョコレートメーカーは残された数少ないカカオ豆をいかに長く使用していくか、常に奮闘しているそうです。

予想ではこれらが尽きるのが2014年!

動き出した企業

需要を満たすことのできるようにする唯一の方法は、研究と発展に資金を投資して、最良の栽培方法を普及させ、利害に関心をもつ労働者を育成していくことだ。

多国籍企業「Mars」は、少なくともカカオの10%を認証を受けた生産元から購入することを約束した。11年にはサステイナビリティを奨励するために3,000万ドルを投資し、このプログラムを20年まで続けることを宣言した。

新しい種類のカカオの木はより熱に強く、あらゆるタイプの寄生植物に負けないより強い抵抗力を持っているものでなくてはなりません。

チョコレート無いと・・・

もうわたしオールシーズンチョコレートがないと生きていけないぐらいに末期

朝からチョコレートもぐもぐ 日本のチョコレートって超うまいのに安いなと思う

チョコレートなくなった。もうだめだ。生きていけない。

やっぱりチョコがないと生きていけない!完全にチョコレート依存性!デブスでけっこう!(-_-)

チョコレートないと生きてゆけない… 昨日一日で板チョコ三枚消費した笑 にきびが出来るわけだー

サンマルクカフェのチョコクロが美味しい…やっぱりチョコレートとコーヒー無いと生きてゆけない

生産地での児童労働

コートジボワールのカカオ農場のうち90パーセントが維持のために児童も含む奴隷を何らかの形で使っているとされている。

悲しい現実です。

関連リンク

1