1. まとめトップ

あなたは大丈夫?Facebookから生まれるオンライン自己顕示欲症状

「誰かにちょっと自慢したい」心理や、「誰かに構ってほしい」心理を持っているもの。自分が良い状態でなければ、他人に嫉妬や羨望を感じてしまう心理だって、誰にでもある。皆さんはFacebook 、どんな風に活用していますか?

更新日: 2012年11月12日

30 お気に入り 80838 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aipdonさん

米国の心理学サイト『PsychCentral』で報じられた気になる研究結果は以下のとおり。

カーペンター博士によれば、Facebookは平均的なナルシストにとって理想的な場であるというのです。ナルシシズムとは、“広範な自己誇大感、称賛されることへの飽くなき欲求、過剰な自己重要感”と研究では定義されています。
「Facebookは広く浅い人間関係と感情抜きのコミュニケーションをもたらす」というのがカーペンター博士の主張です。
また、一般的にSNSにおいては、自分をいかに表現し、人からどう見られるかを、ユーザーがコントロールすることが可能であるとも述べています。

受け取る側の状況や心境によって投稿が「自慢」と感じられてしまうこともある

「相手に比べてよりユニークな存在でありたい」という願望が強い人は、特に、競争心から「自分のほうがもっと幸せだ!(不幸だ)」と他人と張り合おうとすることもあります。こうした心理は「自己顕示欲」とも言えますが、大抵の人が多かれ少なかれ、持っている感情ではあります。仕事上や交友関係のなかでは、「自己をアピールすること」が必要な場面も沢山あるので、うまく表現すれば、“強み”としていくこともできます。自己アピールの上手な人は、ネット上でも周囲の流れを読むのがうまく、他人に気持ちよく注目されるような投稿ができる、言えるかもしれません。

多くの人は「いいね」を押してあげるべきか、無視すべきか一瞬、悩んでしまう

「大手マスコミ勤務の同級生は、書いている内容の95%が仕事自慢ですね。『これだけ重大な案件を任されている』だとか、あえて夜中の1時におしゃれなお店にチェックインして、『仕事終わりに仲間と飲むワイン(銘柄も指定)は最高!』だとか……。その時間、私はまだ会社で仕事していたのでどっと疲れを感じました」

行き過ぎるとこんなことにも・・・

「クリスマスに金がないのは勘弁だな」、とアイゼア・カトラー(18)と他3人の少年は悩んでいた。話し合いの結果、スーパーを強盗することに決定。
マスクをかぶり商店に進入し、現金、タバコ、お菓子など合計で8000ドル相当を強奪した。そのままパーティー気分で帰宅。家についてまず、戦利品と共に記念撮影を済ませる。すべては計画通りいくかのように見えた。
しかし、何を思ったのか彼らは犯罪の証拠写真を、自分達のFacebookページにそれぞれ投稿したのだ。

まもなくカトラーと少年3人は逮捕されることになったのだが、警察官が彼らのFacebook「友だち」の中にいたわけではない。犯人グループの1人のアカウントには200人以上の友だちがいて、投稿の公開設定が「友だちの友だち」になっていたようだ・・・。写真を見た親戚が110番通報して、事件は無事に解決した。DQNのSNS仲間にも、良識ある友人や親戚がいたようだ。

Twitterでもこんなことで炎上→逮捕なんてありますよね・・・

自慢に対しては無視するというスタンスが多い

FACEBOOKでの利益をみこさない写真などのアピールは、イケてる自分アピールと友達多いよ俺アピール 人生うまく言っちゃってますアピール 芸能系目指してないのに顔晒して名前晒してるやつは典型的ナルシストでバカで幼稚で自己顕示欲の最低な乱用 小学生並みの陶酔を振りかざす浅はかな人間

私感だけど、 Facebook のヘビーユーザーは自己顕示欲強いよな~。 ツイッタはどうだか知らんけど。 ホンマでっか

facebookとmixiはリア充を自慢する所。 twitterはぼっちでも楽しめる、独り言をする所。

ずっと前から思うけどLINEで呟きや自慢するくらいなら、TwitterやFacebookとかに書けば良いのに(;´Д`) そのためにあるんぢゃないん?興味ないし通知鬱陶しんぢゃけど(笑)

私には日本で流行る前のFacebookは人生で最高の瞬間、皆に知ってもらいたい情報を載せていた掲示板のように思える。しかし現在はmixiと変わらずにブログ化している。内容も日常のどうでもいい記事ばかり食事、子ども、旅行、自慢が渦巻くリアル世界の縮図がFBにはある。だから参加しない

「好きの反対は無関心」と言われるが、まさしく。モヤモヤしながらも無視するのが大人のSNS流儀のようだ。

関連リンク

関連まとめ

1