武蔵野台地の斜面と低地という地形を活かし、北側の小高い丘には洋館を建て、斜面には洋風庭園、そして低地には日本庭園を配したのが特徴です。
 この庭園はもと明治の元勲・陸奥宗光の別邸でしたが、次男が古河財閥の養子になった時、古河家の所有となりました。尚、この当時の建物は現存していません。

出典概要|旧古河庭園|東京都公園協会

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

のんびりデートに、行楽に使える都内、神奈川にある日本庭園まとめ

都立庭園や神奈川の庭園を中心にまとめています。

このまとめを見る