潮入の池と二つの鴨場をもつ江戸時代の代表的な大名庭園。潮入の池とは、海水を導き潮の満ち干によって池の趣を変えるもので、海辺の庭園で通常用いられていた様式です。
 旧芝離宮恩賜庭園、清澄庭園、旧安田庭園なども昔は潮入の池でした。しかし現在、実際に海水が出入りしているのは、ここだけです。浜離宮は、この潮入りの池や池や鴨場を中心にした南庭と、明治時代以降に造られた北庭とに大別されます。

出典浜離宮恩賜庭園|公園へ行こう!

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

のんびりデートに、行楽に使える都内、神奈川にある日本庭園まとめ

都立庭園や神奈川の庭園を中心にまとめています。

このまとめを見る